2016年10月10日

舟を編む

舟を編む

今期アニメの中で一番楽しみにしているので、我慢ならずに映画を見ました(笑)
原作は未読です

おそらく二次元クラスタには理解していただける筈だ

原作は、アニメの前には絶対見ない

これが精神衛生的には一番よろしいです
アニメの方が馬締さんが自分好みにもっさりしているし、パートのオバチャンが榊原良子さんだしで、見てみなわかりませんがどちらかというとアニメ推しなんですが

期待通りのストーリーでした

作業の地味さを反映して、とにかく地味(笑)
恋愛要素も語らず描かずで、それでも絶対的な信頼を寄せているところとか伝わってきて、とても温かかった

やっぱりみっちゃん面白い

その面白い、が彼を支えたんですよね
恋の語釈には声立てて笑いました
家で見てて一番いいのは、この気軽さですなあ
家に帰ってきてからのシーンに、この二人がキャスティングされたのは、この表現力からなんだろうなと思ったりもしました
ミレニアムについては、思わず手元の新明解第三版を開いてしまいました
そうか、その時代にはなかった言葉なのか
シルバーミレニアムのおかげで珍しさが全くなかった

手元の辞書の後ろにある、目にすることのなさそうな濃厚なドラマをたとえフィクションでも見ることができるのが、映像作品のよさですな
日本語を大切にしている人と、日本の文化を大切にしている人の組み合わせがとても美しかった
アルバイトで構わないから、こういう仕事に一度携わってみたいです
おそらく、やろうと思えばいくらでもできるんだろうな…

その時代をリアルに生きた人には、PHSが珍しかった時代から、主人公が二つ折りのケータイを持つようになったり、そういう細かいアイテムで描かれる時代の移り変わりも楽しかったです
スタートラインからすでに時代に取り残されたアパートに主人公が住んでいるのも、いい演出だなあと思って眺めてました
ええ、BLなんてね、ほんと最近ですよ、ええ
年寄りには楽しめることも多かったですが、若い人にはどうだったのかなあ
そんなことも、考えました

派手なアクションとか、テンポよく進む物語が好きな人にはお勧めしませんが、主人公の周りの時間がゆっくりと流れていく映画がお好きな方にはお勧めしたい映画です
ちょっと物語を書いてみたり、何かを作ることに携わっていたり、特に辞書を引く機会が多かった人には見てほしい映画でした
posted by まきむら at 22:51| Comment(0) | 動画とか音楽とか

読み切れんだった

だれでも書ける最高の読書感想文


言っとることはええと思うた
思うたんだが、子供向けだからって態度変えすぎじゃないか…(´・ω・`)



対象としとるんではないかという小学生高学年から中高生って、そういうのを感じ取るんじゃないかなあ



そんな気持ちになってしもーたので中断

どっかでまた読める日もくるじゃろう昔、太宰の人間失格が読めんかったよーなもんで

posted by まきむら at 12:50| Comment(0) | メモ

2016年10月09日

1週間かかった

ストライクウィッチーズ エーリカ・ハルトマン1941<ストライクウィッチーズ エーリカ・ハルトマン1941>

買いました

届くまでに2日ほどのタイムラグがありましたが、届いてからさらに1週間くらいここに書くのは控えてました

てぇか、届いたその日にはまとめに言語化できず
つぎの日の日記がキャラの名前で埋め尽くされてて自分が気持ち悪かったくらい理性を失っておりました
我ながら気持ち悪かったw

それでこんなけかかったんですが
これ抑えつつ書かなきゃ

ミーナさん
ミーナさん
ミーナさん
うゎあぁあああぁぁあああああああ

だけで、3画面くらい軽く埋められる自信あります

とにかくミーナさんだよ!
カルスラトリオ好きで
まだ手にとってないとか
言語道断だよ!

そういう本でした

さてさて事情をしらな人には前回オイラが「奇跡の一冊」とかわけわからんことを言っていた理由はさっぱりわらかんと思うのですが

この本の作家が槌居さんなのが一番重要なんだ!

わかりやすくするために別作品で説明しますとですね

ドラえもんのしずかちゃんが好きで、
同人誌でもしずかちゃんを描き続け、
その筋ではしずかちゃんではこの人と言われてしまうようになった人が、
藤子プロから「今度しずかちゃんの話をやろうと思うんですけど、どうですか?」って声をかけられて
しずかちゃんのオリジナルストーリーを執筆したっていう

そういう本です

つまり、エーリカ・ハルトマンと言ったら槌居さんという地位の人なのです

それが現実に起きちゃうストライクウィッチーズすげぇ…ってのもありますけどね

だがしかぁし

エーリカには申し訳ないが、まきむらはミーナさん至上主義なんじゃよ

ミーナさんはこの人

ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ大尉15歳!!!!

15歳だとぅ?!?!!!!!

いや、あたりまえだろ、1941年の話なんだからよ
カールスラントから撤退したばっかりの話だろ

影で501統合戦闘航空団の結成に奔走しつつ、きちんと部隊長もやってるミーナさんが見ることができてぼくはぼくは、ぼかぁ!!!!!(_;´д`)_バァン!!!

こんなにミーナさんの出番があるなんて聞いてないよ!(聞かなかっただろ

しかもガーラントさんがこんなに出てるなんて聞いてないよ!!!!

情報集めてませんでしたけど、そりゃぁ、集めてませんでしたけど

それにしたってこの組み合わせはなんなの!!!
萌え殺されるかと思ったよ!!!

そんな感じで、わりと真剣にキャラ追っかけてる人にはそうとうなダメージを与える作品でした

そこから100歩くらい引いて、技術的なことを言い出すと、公式同人誌の域は出てないなぁという感想になってしまって、テンションに水をさしてしまうのでここでは避けます
わりとそういう点は気になりました
アクションもっと上手に見せれたら戦記ものとして人に勧められるんだけどなってよく思います

以上、つまり好きなキャラが出てきて嬉しかったんだねってことだけ伝わってればたぶん大丈夫

501絡みのカルスラ年長組好きーには大変おいしい1冊でございました
そのうちアフリカの魔女三部作きちんと読みます

つぎのスト魔女からみはたぶんこれ
表紙が直ちゃんとか、もうそこからまきむらを殺しにかかってるよね…

来月楽しみです

posted by まきむら at 21:23| Comment(0) | 読んだ本

2016年10月04日

読んでる本

図解 世界史 歴史が面白いシリーズ

先日のこれに触発されて世界史あさってたうちの一冊

なんで昔世界史が全然ダメなのかわかったわ
情報が分断されてて俯瞰できなかったから、物語として入ってこなかったんだ

物語として読む人と、情報として読む人によって、歴史の学び方って変えた方がいいんだな
年表が文字の羅列にしか見えない人は、自分に合う入門書の構成から、自分の得手を見つけるのが一番の早道かもしれんね

そういうことまで視野に入れて教えてくれる人がいない不幸もあるかもだけど、中高で歴史が苦手だったからって、歴史に触れることをやめてしまわなくてもいいんじゃないかな

おれは成績は全然だったけど、今でも好きですよ、歴史
アジアに偏りすぎてはいるけどね
posted by まきむら at 12:31| Comment(0) | メモ

2016年10月01日

のーどうでぃず

カラーで4コマを描く用事がありまして、今週に入ってからずっと描いておりました

その仕上げの作業中にとどきました「のーどうでぃず」

信じられるか、これ、全ページカラーなんだぜ…
しかも、隔週で連載してるんだぜ…

あとになればカラーチップ作っておけばとか、ベース色を整えておけばと思うことも多くて、どんなことも準備が大切なんだなぁと思ったりもしたんですが

仕事でコンスタントに一定の量を産出し続けるってえらいことやで…

ってのを、身を持って体験しておりました…
1枚でも死にかけたのに、この枚数だよ、しかも隔週だよ、連載だよ、ずっとだよ…

さすがに少し紙はお安い感じでしたが、この値段に抑えての発行というのは、アーススター頑張った!と心から言える一冊になってるんじゃなかろうか

エロからせきはんさんを知った新参者なわけですが、とにかく描写の細かさとカラーの繊細さでコミックをぼっちらぼっちら揃えはじめておりました

最近だと「グッバイエバーグリーン」

おそらくこれが後押しして全編フルカラーが実現したのではないかというくらいの売り上げを見せていた、バイクまんがでございました…あっちぅ間に重版かかってたもんな…

のーどうでぃず、エバーグリーンともにゲストしてらっせる桐沢さんが、「これだけ語れる趣味もなく」みたいなことを描いてらっせたのが印象的でした
毎日カラー1枚ずつ上げてる桐沢さんでさえ言っちゃう…って思いましたけども、そういう自省がなければプロやってないんだよなぁ…

そんなわけで、タイトルの「のーどうでぃず」

埼玉の田舎の小中学生の夏休み農道ライフまんが
農家でも農業でもなく、農道

たんぼの脇を流れる側溝、町を流れる川、みんなでおでかけするイオン

文字にするとこの企画、通るんだ…って感じですが
「ヤマノススメ」もアーススターっていうと自分は納得できる(笑)

ヤマノススメの最初の方は、背景とか絵がそこまでうまくなくても、ネタがよければ連載取れるんだ…って感じでしたしね(コラコラ

主人公の一団は小学生、山のふもとに東京から引っ越してきた姉妹のおねえちゃんは熱烈すぎり「タナゴ」愛の持ち主

ショートカットとちょっとずれたお姉ちゃんと、理解あるおかあさんと、田舎の風景
…せきはんさんの性癖も入ってるよね、このきゃらたち…

とか…汚れた目でしか見れなくてすみませんw

まぁともかくですよ

ノスタルジーに浸りつつ
健全に小学生女子を愛でる
フルカラー田舎まんが

というニッチそうに見えて案外にいろんな人の心に届きそうな新刊
久しぶりにブログ更新したくらいには、全力でオススメです(笑)

明日は多分、「ストライクウィッチーズ エーリカ・ハルトマン1941<ストライクウィッチーズ エーリカ・ハルトマン1941>」です
ある意味まきむらにとって、念願の、そして奇跡の一冊
語らせろ!って本ですよ!!

posted by まきむら at 23:32| Comment(0) | 読んだ本