2016年10月01日

のーどうでぃず

カラーで4コマを描く用事がありまして、今週に入ってからずっと描いておりました

その仕上げの作業中にとどきました「のーどうでぃず」

信じられるか、これ、全ページカラーなんだぜ…
しかも、隔週で連載してるんだぜ…

あとになればカラーチップ作っておけばとか、ベース色を整えておけばと思うことも多くて、どんなことも準備が大切なんだなぁと思ったりもしたんですが

仕事でコンスタントに一定の量を産出し続けるってえらいことやで…

ってのを、身を持って体験しておりました…
1枚でも死にかけたのに、この枚数だよ、しかも隔週だよ、連載だよ、ずっとだよ…

さすがに少し紙はお安い感じでしたが、この値段に抑えての発行というのは、アーススター頑張った!と心から言える一冊になってるんじゃなかろうか

エロからせきはんさんを知った新参者なわけですが、とにかく描写の細かさとカラーの繊細さでコミックをぼっちらぼっちら揃えはじめておりました

最近だと「グッバイエバーグリーン」

おそらくこれが後押しして全編フルカラーが実現したのではないかというくらいの売り上げを見せていた、バイクまんがでございました…あっちぅ間に重版かかってたもんな…

のーどうでぃず、エバーグリーンともにゲストしてらっせる桐沢さんが、「これだけ語れる趣味もなく」みたいなことを描いてらっせたのが印象的でした
毎日カラー1枚ずつ上げてる桐沢さんでさえ言っちゃう…って思いましたけども、そういう自省がなければプロやってないんだよなぁ…

そんなわけで、タイトルの「のーどうでぃず」

埼玉の田舎の小中学生の夏休み農道ライフまんが
農家でも農業でもなく、農道

たんぼの脇を流れる側溝、町を流れる川、みんなでおでかけするイオン

文字にするとこの企画、通るんだ…って感じですが
「ヤマノススメ」もアーススターっていうと自分は納得できる(笑)

ヤマノススメの最初の方は、背景とか絵がそこまでうまくなくても、ネタがよければ連載取れるんだ…って感じでしたしね(コラコラ

主人公の一団は小学生、山のふもとに東京から引っ越してきた姉妹のおねえちゃんは熱烈すぎり「タナゴ」愛の持ち主

ショートカットとちょっとずれたお姉ちゃんと、理解あるおかあさんと、田舎の風景
…せきはんさんの性癖も入ってるよね、このきゃらたち…

とか…汚れた目でしか見れなくてすみませんw

まぁともかくですよ

ノスタルジーに浸りつつ
健全に小学生女子を愛でる
フルカラー田舎まんが

というニッチそうに見えて案外にいろんな人の心に届きそうな新刊
久しぶりにブログ更新したくらいには、全力でオススメです(笑)

明日は多分、「ストライクウィッチーズ エーリカ・ハルトマン1941<ストライクウィッチーズ エーリカ・ハルトマン1941>」です
ある意味まきむらにとって、念願の、そして奇跡の一冊
語らせろ!って本ですよ!!

posted by まきむら at 23:32| Comment(0) | 読んだ本