2018年01月07日

ブレイブウィッチーズPrequel3 オラーシャの遠雷

ブレイブウィッチーズPrequel3 オラーシャの遠雷

届いたので読み終わりました。
全3巻とは無念。
もう少し続くと思ってた。
とはいえ、アニメの前日譚。取り扱う期間もそんなに長い訳ではなく、仕方ない言えば仕方ない。

個人的にはラル隊長の戦闘シーンがあって満足でした。
二部隊分の台所事情をまかなっていたミーナさんお疲れ様でした。
それであれだけの物資そろえるとか正攻法型なのに、いったいどんな手段を使ったんだ。

そしていらん子。隊員を入れ替えつつ、507に向けて着々と成長していてうれしい。
一部で「二度と来ない2009年春」といわれていたいらん子にちゃんと決着がついたよ。
そしてハッセが中隊長になったよ…マジか…
エルマさんもぎりぎりまで現役でうれしかったよ…うれしかった…
一番まじめにスオムスを憂いていた人が、任期を全うして本当によかった…
いらん子の結末は重要機密だから隠匿されたんだよ、いいね? と自分を説得しつつ、なんだかいろいろ思い出に浸っておりました。
いらん子がなければこんなにはまらなかったよ、ワールドウィッチーズ。
ウルスラ目当てで読み始めたはずが、ビューさんにはまってみたり。
ブレイブアニメ化で、直ちゃんが動いてしゃべるという衝撃に加え、1話で北郷先生が動いてしゃべったという二重の衝撃をくらってみたり。
重い腰を上げてアフリカの魔女を読んだらまさかのビューさん登場で無駄にはしゃいでみたり。
キャラが多すぎて、どこかに一人くらいは必ず誰かの性癖を直撃するワールドウィッチーズ。
好きキャラ多すぎるカウハバ基地の世代交代を見届けられて、大変満足でした。
ブレイブプリクエル完結でもあり、いらん子中隊の完結でもあり。

当然どちらの部隊も新しいストーリーに受け継がれていくわけですが。
自分の中でついていなかった区切りがはっきりとついた巻でした。
よかった…本当によかった…

そんな、作者逝去でクライマックスのまま9年待たされたいらん子中隊シリーズ
彼女たちのおかげで統合航空戦闘団結成にいたったのだという歴史の始まりを知ることのできる、貴重な文献(マテ
ガチレズエロに抵抗がなければ、各隊の「今」にいたるストーリーとして、知っておいてもいいと思いますw
ハルカあんなもんじゃないからな…

同様に扶桑海軍の軌跡をたどれる、ストライクウィッチーズ零、スオムス義勇独立飛行中隊隊長になったハッセ、ブレイクウィッチーズの一人ニパ、回収班のアウロラねーちゃんの活躍が読めるストライクウィッチーズ オーロラの魔女も同時にお勧めしときます。

ワールドウィッチーズの沼は深いぞ(笑)
posted by まきむら at 03:45| Comment(0) | 買った本

依頼人から一言

依頼人から一言

探しゃ出てくるたがみ本。なんですがKindleで読み直しました。
いま、ぶんか社で再販が進んでいるのです。

中学から高校くらいにかけてずいぶん影響を受けました。
今でも二頭身に影響が残っているくらい影響を受けました。
あと女性観。間違いなく、自分の女好きに貢献している。

それはさておき。過去にはきちんとコミックになっていたと思うKIEも再録。
前半が頭を使うネタなんで、こっから後ろの緩さがひどい(笑)
個人的にはまかいのもりのあおいぬまと、Dの落ちた日が好き。
コマ割やらセリフ回しやら、ずいぶん影響を受けましたけども。
結局、劇画向きの頭には育ちませんでした。残念。
posted by まきむら at 00:59| Comment(0) | 読んだ本