2019年07月27日

水彩画の教科書

https://amzn.to/2K87VID

確かに教科書。
結局は基本が大事というのを読んだその日に見つけて買った。
水彩の基本、色の基本、基本のデッサン。
ここまで鉛筆デッサンとクロッキーが説明されてる水彩本は初めてかもしれない。

精密画ではなく精密画よりの水彩画。
基本をおろそかにしないための教科書として手元に置きたい。

「直描き」の難易度が高すぎる(笑)
posted by まきむら at 21:30| Comment(0) | メモ

2019年07月25日

【今週の本】思考の整理学(2019.07.11)

----------------------------------------
準ひきこもりなひきこもり支援相談士が
読んだ本のこととか垂れ流すところ(長い)
----------------------------------------

借りっぱなしの本を帰しに行かねばと
思いつつ、でもやっぱり家は出たくない
いつものやつ。
今日は朝から調子が悪く、目が覚めたら
ものすごい不安があって。
でもまぁ、別に、出かける用事もないしねと
PC開いてごそごそしてました。
ごそごそしてただけだったけど。

文末に、日曜日に流しているお知らせを
追記しています。
当日までは続けます。
あしからず、ご了承ください。

1ヶ月切りました。
一応準備とか進めてます。
飲み物くらいは買っていかないとね、って
くらいの準備ですが。

今更ですが、告知ページ、できました。
http://urx.space/TUVl

----------------------------------------

■今週の本
「思考の整理学」
https://amzn.to/2XhMRZF

kindleで書い直したでござる。
発作的に読み返したくなる本のうちの一冊。
ビジネス書的に「ああしろ、こうしろ」
ではない、エッセイ集。
どこからでも読める。

思考の整理という点でいうなら
「アイデアを思いつきやすい場所」
「アイデアを発酵させる方法」
「仕事をするのにいい時間帯」
などあたりが、大変参考になるし、
今でも突然「あぁ、これのことかぁ」と
腑に落ちたりする。
別に京大じゃなくても読んでいい。
普通の生活の中に「考える」ことが
染み込んでくる、そんな話。

こういうことを趣味でしているからではなく、
妄想と創作を主食に生きてきているので
ネタをまとめる方法は、いつでも探してる。
10年位まえに読んで、メモを持ち歩いて
ナンバリングして、というところくらい
まではまねしていた。
ナンバリングして、まとめて、という
だけのことは、この本に出会う前から
アイデアマラソン(https://amzn.to/2YkqAqp)で
やっていたのでわりとすんなり移行した。
ナンバリングして、ファイル分けてとか
検索性とか、だんだんいやになって
結局やめちゃったんだけど。
これと、100円ノート「超」メモ術(https://amzn.to/2XeX8G1)と
情報は1冊のノートにまとめなさい(https://amzn.to/2RLazYi)あたりを
つまみぐいして、バレットジャーナルに
落ち着いた感じ。
アイデアマラソンのおかげで、乗り切れた
こともあるし、100円ノート術のおかげで
乗り切れたこともあるし、
情報は1冊のノートにまとめなさいで
発見したこともあるし、
この手の手法はいくら知ってても、
足りないということは多分ない。

この手の本の時にだいたい書いているけれど、
自分にとって1番やりやすい方法は
自分にしかわからない。
誰かにとっての正解が、自分にとっての正解
なんてことは、まず絶対ありえない。
ベストセラーが正義じゃないし、
世で絶賛されている人が、自分にとっての
恩師になるかと言えば、それも怪しい。

そんな感じで毎回いろいろ試してみては
元のやり方に戻っていくということを
繰り返しているのだけれど
つまりはそれは、1番自分の手に馴染んだ
方法で、あとはそこに、何かを足すか引くか
して、効率を上げていけばいいんだと
思うことにしている。

そんな「思考の整理学」(https://amzn.to/2XhMRZF)。
確かに今でも読みつがれるベストセラーだと
納得した数少ない本なので、よければどうぞ。

----------------------------------------

■お知らせ
2019年7月27日 13時30分より
武豊中央公民館の( https://bit.ly/2QAhnaw)第一和室にて、
『第〇回 絵本(をだらだら読む)会』
を行います。

子どもへの読み聞かせ会では「ありません」

一般に読書会と言うと、ビジネス書やら
小難しい本やらを宿題で読んできたり
その場で読み合わせたりして、
ディスカッションやらコミュニケーションを
目的に行われますが、
タイトル通り、だらだら読むだけの会です。

通常のひきこもり向けの居場所は
外に出ることとを目的に設定されていますが
コミュニケーションをとることが
前提になっているように感じます。
人口の3割はいると言われる内向型とされる
非コミュニケーション型の人たちには
とてつもなく大きなお世話だったり、
面倒の種だったたり、ただそれだけで
敷居の高いイベントになっていたりします。
そんなわけで、

内向型には内向型の
時間の過ごし方があるんじゃよ

というコンセプトで企画しました。

飲食自由、途中入場途中抜け可。
隣に図書館があるので、手ぶらでも
問題ありません。
コミュニケーションを強制はしませんが、
まったく口をきくなとも申しません。

タイトルは絵本ですが、読みたい本を
持ち込んでくださって構いません。
持ち込む本に困ったら絵本や児童書で
いいんじゃね? というラフな企画です。
つまりは、まきむらが行きたくなる
フリースペースをそのまま実現する
試みです。
今回は「〇回」と称した、プロトタイプです。
アンケートくらいは撒くかもしれませんので、
念の為ご了承ください。

入場料を取るつもりはないのですが、
カンパとかしていただけると
まきむらが助かります。

参加希望の方は、このメールに返信して
いただければ、まきむらに届きます。

また、愛知県内など、誘ってみたい方が
みえるなら、転送も拡散も、留め立ては
いたしません。
ご自由にどうぞ。

----------------------------------------
posted by まきむら at 00:10| Comment(0) | メルマガ

【今週の本】面白いほど詰め込める勉強法(2019.07.04)

----------------------------------------
準ひきこもりなひきこもり支援相談士が
読んだ本のこととか垂れ流すところ(長い)
----------------------------------------

ひさしぶりにインプットの波が来ていて、
映画を見ました。
プライム・ビデオ大活躍。
ずっとゴジラ(https://amzn.to/2IGeyRC)…ひたすらゴジラ…。
自分の人生の最初のゴジラは
84年版のゴジラ(https://amzn.to/2FpONVd)なんですが
これを見るならやはり初代、
54年版(https://amzn.to/2ILdoVh)をおすすめします。
映像技術が乏しかった時代に、
演出で恐怖を煽る手法が随所に
ちりばめられていて、また戦後間もない
こともあって、その当時の世間の風景が
よく見えて、そういう点でも
大変楽しめました。

好きなんだけど詳しくない、ってものが
自分には数えきれないほどあって。
そのうちの一つにゴジラは含まれるんですが。
やっていれば見る、見ていれば楽しめる
だけどそこに労力はかけない、という
娯楽のかけらみたいなもののうちの
一つです。
映画はね…好きなんだけどね…
行くまでに時間かかるのでね…
往復2時間してるうちに1本見れてしまう…
最近はもっぱらネットになってしまったけど
古い作品を見られるのは、
いろいろと勉強になるので楽しいです。
特に建築と土木と内装の好きな人には
昭和の内装が普通に見られる昭和の映画は
最高です(笑)

文末に、日曜日に流しているお知らせを
追記しています。
当日までは続けます。
あしからず、ご了承ください。

1ヶ月切りました。
ワクワクしてくるのは、お祭り体質だなと
いつも思います。ええ…。
ひきこもりなのに(笑)

----------------------------------------

■今週の本
面白いほど詰め込める勉強法
https://amzn.to/2ImQiFw

これだけ勉強の話してない勉強法の本は
初めて見たかもしれない。
これをやりなさい、あれをやりなさい、
ではなく、
自分はこうした、こういう効果があった、
こういうのがやっぱりいい、
この本で紹介されてたこれおすすめ、
こんなこと言ってる人がいるけど
それ効果ないよ、時間かかるよ、
というふうに
手っ取り早い方法を、わかりやすく
押し付けてくれる本を期待すると
全力で肩透かしをくらいます。

タイトル詐欺という気もするけれど
「勉強は自分にあった方法を作れば
 いくらでも面白くなる」
ということを、ご自身の研究にからめて
書いてあるので、
本を読むのが楽しくなるし
ただそこにある本からどれくらい研究の
ネタが生まれてくるのかもわかる。
本はただ読むだけではなく
読まずに検証のネタにすることも可能であり、
本という事象そのものにも
意味があるのだということを
知ることができたのは
大変興味深かった。

好みは分かれるかもしれませんが、
自分にはとても面白かったので
同士がいるならお話を伺いたい。
ある程度の偏りがないと、
面白くないくせのある本だと思います。

----------------------------------------

■お知らせ
2019年7月27日 13時30分より
武豊中央公民館の( https://bit.ly/2QAhnaw)第一和室にて、
『第〇回 絵本(をだらだら読む)会』
を行います。

子どもへの読み聞かせ会では「ありません」

一般に読書会と言うと、ビジネス書やら
小難しい本やらを宿題で読んできたり
その場で読み合わせたりして、
ディスカッションやらコミュニケーションを
目的に行われますが、
タイトル通り、だらだら読むだけの会です。

通常のひきこもり向けの居場所は
外に出ることとを目的に設定されていますが
コミュニケーションをとることが
前提になっているように感じます。
人口の3割はいると言われる内向型とされる
非コミュニケーション型の人たちには
とてつもなく大きなお世話だったり、
面倒の種だったたり、ただそれだけで
敷居の高いイベントになっていたりします。
そんなわけで、

内向型には内向型の
時間の過ごし方があるんじゃよ

というコンセプトで企画しました。

飲食自由、途中入場途中抜け可。
隣に図書館があるので、手ぶらでも
問題ありません。
コミュニケーションを強制はしませんが、
まったく口をきくなとも申しません。

タイトルは絵本ですが、読みたい本を
持ち込んでくださって構いません。
持ち込む本に困ったら絵本や児童書で
いいんじゃね? というラフな企画です。
つまりは、まきむらが行きたくなる
フリースペースをそのまま実現する
試みです。
今回は「〇回」と称した、プロトタイプです。
アンケートくらいは撒くかもしれませんので、
念の為ご了承ください。

入場料を取るつもりはないのですが、
カンパとかしていただけると
まきむらが助かります。

参加希望の方は、このメールに返信して
いただければ、まきむらに届きます。

また、愛知県内など、誘ってみたい方が
みえるなら、転送も拡散も、留め立ては
いたしません。
ご自由にどうぞ。

----------------------------------------
posted by まきむら at 00:09| Comment(0) | メルマガ

2019年07月20日

図解 王様の「ブレイン・マッピング」―1枚の紙と1本のえんぴつが仕事を変える

https://amzn.to/2YhtnnE

使うかといえば使わないんだけどね…絵は描くけど箇条書きの方が好きなんだよね。
気づいたらマップ風になってた、てことはあるけども。
手法は道具のひとつでしかないから、そのときに一番効果的なものが使えればいいんじゃないかな。
posted by まきむら at 20:15| Comment(0) | メモ

2019年07月15日

英語多読 すべての悩みは量が解決する!

https://amzn.to/2lkaajh

多読の極意って結局

読書百遍義自ら見る

だよねえ。と改めて。
楽しく読んでればそのうち必要な単語はなーーーーんとなくわかるようになる。
人と話していて、少しの疑問があっても会話は成立してしまうのとたぶん同じ。
かつてBBS初心者が「半年ROMれ」と言われてたのと同じよな。

本文にあった
「訳せと言われたらできないけれど、分かります」

自分が「ホームズの原作を英語で1本読む」だけを目標に多読に勤しんでいたときに感じたのはまさにこれ。

「だいたいわかるけど、読めてるかはしらん」

自分の中で腹落ちするくらいには、わかってる。
あらすじ説明しろと言われたら、できる。
でも「一文一文を正確に訳せますか?」て聞かれたらたぶんできないし、しらん。
それでええの? と聞かれたら、別に自分の目標は達成されたし、俺はええよ? というところ。
他人ではなく、過去の自分と比べてみたら、確かに読めるようにはなったもの。

無料本の紹介や、動画の紹介、ありがちな疑問への回答もきちんとあって、

まあとにかく、四の五の言わずに
自分の楽しいジャンルの本を楽しもうぜ

という本旨を確かめられる本でした。
posted by まきむら at 19:04| Comment(0) | メモ

2019年07月09日

知的生産の技術

https://amzn.to/2S2B0cd

何度読み返しても飽きない。
B-TAO 好きとしては外せない。
50年前の危惧は良くなるどころか
悪くなる一方という気しかしないし
国を挙げて記録をおろそかにしている
真っ最中。

紹介される道具はたしかに古いけれど
今になっても「情報の整理」の本は
世に溢れているし、果たしてどれだけの人が
日本語を操ることができているんだろう。
人は歴史に学ばないし、学ぶ気もない。
同じことは形を変えずに繰り返されて
何千年前から年寄りは「今どきの若い者は」と
言い続ける。

すでに古典の粋かもしれないけれど、
古典の描いた未来は、まあだいたい
今の本で別の人が書いている。
posted by まきむら at 22:59| Comment(0) | メモ

2019年07月08日

【今週の本】メイドインアビス(2019.06.27)

----------------------------------------
準ひきこもりなひきこもり支援相談士が
読んだ本のこととか垂れ流すところ(長い)
----------------------------------------

ハードディスクの肥やしになっていた話を、
外に出したい衝動に駆られているときは
だいたい何かの締切に追われているときです。

文末に、日曜日に流しているお知らせを
追記しています。
当日までは続けます。
あしからず、ご了承ください。

気づいたらあと1ヶ月ですよ…。
ですよ…。

----------------------------------------

■今週の本
メイドインアビス
1〜8巻 以後続刊
https://amzn.to/2I4pkSH

いつでもおすすめしている、
竹書房でまだ連載も続いている
https://webcomicgamma.takeshobo.co.jp/manga/madeinabyss/
全力でおすすめしている鬱漫画。
世の中のどうでもいいことは半分くらい
どうでもよくなる鬱漫画。

アニメの2、3話くらいを見たお母さんが
子どもに見せたいとAmazonレビューに
書いたところ、全力で原作読了済の方が
止めに入ったというくらいの、
エロくない方で16禁指定されそうな

人間が捕食される世界の話。

捕食される側の人間も、
捕食されるなりに貪欲に生きている。
人の欲のどうしようもないドス黒さが
人の欲の歪みっぷりが、
子どもの目を借りて描かれている。

昭和の前半より前の歴史を
知識として知っている人には
理解できないことはない残酷さだけれども
平成になってからの生活しかしらない
知識的にも歴史を知らない人には
えげつないシーンが多いかもしれない。

けど、これ、うん…そんなに…

というところまで、割り切れるように
なれれば大丈夫。
5回も読めば気にならなくなる。
なる、たぶん!

twitterでフォローしていた
アニメーターさんが、原画で参加してみえて
カットの動画を流してみえたのに
一目惚れしたんですが
こちらもとにかく動きがいいので、
おすすめ!(https://amzn.to/2XvOzCX

アビスの歴史が明かされるたびに
暗澹とした気持ちが深くなる
そういう作品なんですが。
その暗澹たる気持ちがあってもなお、
続きが気になってしまう、
読まずにはいられない、
そういう作品でもあります。

1巻までの冒険活劇的なワクワクは
4巻の不動卿にあっさり踏みにじられるし
不動卿自体も黎明卿のエピソードを
読んでみれば、なんとまぁ
可愛い人かということになるし、
黎明卿だって、アビスの底ちかくの
なれはての村にたどり着けば、
あの人、純粋さが明後日の方向なんだよね
って思ってしまう負の連鎖。
底に近づくのに合わせて、自分の感覚も
アビスにどんどん近づいて行く。

何が正しいのか、はわからないけれど。
何かを求めること、求め続けることが抱える、
まっすぐにねじ曲がった感情が
人の死のすぐそばで描かれている
作品だと思います。

まぁとにかく。
○○可愛い! だけで読み始めて
鬱になるもよし、
世界観にどっぷりハマるもよし、
考察に萌えるもよし。
楽しみ方は人それぞれ。

1巻だけと言わず、できれば5巻くらいまで
読んでから、心を決めていただきたい作品
です。

----------------------------------------

■お知らせ
2019年7月27日 13時30分より
武豊中央公民館の( https://bit.ly/2QAhnaw)第一和室にて、
『第〇回 絵本(をだらだら読む)会』
を行います。

子どもへの読み聞かせ会では「ありません」

一般に読書会と言うと、ビジネス書やら
小難しい本やらを宿題で読んできたり
その場で読み合わせたりして、
ディスカッションやらコミュニケーションを
目的に行われますが、
タイトル通り、だらだら読むだけの会です。

通常のひきこもり向けの居場所は
外に出ることとを目的に設定されていますが
コミュニケーションをとることが
前提になっているように感じます。
人口の3割はいると言われる内向型とされる
非コミュニケーション型の人たちには
とてつもなく大きなお世話だったり、
面倒の種だったたり、ただそれだけで
敷居の高いイベントになっていたりします。
そんなわけで、

内向型には内向型の
時間の過ごし方があるんじゃよ

というコンセプトで企画しました。

飲食自由、途中入場途中抜け可。
隣に図書館があるので、手ぶらでも
問題ありません。
コミュニケーションを強制はしませんが、
まったく口をきくなとも申しません。

タイトルは絵本ですが、読みたい本を
持ち込んでくださって構いません。
持ち込む本に困ったら絵本や児童書で
いいんじゃね? というラフな企画です。
つまりは、まきむらが行きたくなる
フリースペースをそのまま実現する
試みです。
今回は「〇回」と称した、プロトタイプです。
アンケートくらいは撒くかもしれませんので、
念の為ご了承ください。

入場料を取るつもりはないのですが、
カンパとかしていただけると
まきむらが助かります。

参加希望の方は、このメールに返信して
いただければ、まきむらに届きます。

また、愛知県内など、誘ってみたい方が
みえるなら、転送も拡散も、留め立ては
いたしません。
ご自由にどうぞ。

----------------------------------------
posted by まきむら at 23:19| Comment(0) | メルマガ

2019年07月07日

手帳カスタマイズ術 最強の「マイ手帳」を作る58のヒント

https://amzn.to/329qQex

ものすごい読みたかったんだが、手にしてみたらけっこう情報を追い抜いていて
「あー、うん、それ、試してあかんかったやつ…」
みたいなのばかりになっていた…。
通るよねー通る道だよねー!
わかるー! 試したー!!
満載の本だった…

もう一度リフィルテンプレページを攫ったら返す予定。
posted by まきむら at 01:47| Comment(0) | メモ

2019年07月06日

不況知らずのコンサルが実践している 時間をかけない! 情報整理術

https://amzn.to/2RSyd5j
情報整理が「下手」な人に得るものはあるかな…。
手法を「知らない人」向けの速読も含めた、プレゼン資料の作り方本。
コンサルタントの方の情報収集本は、けっこうテンプレ化してるので、まったく読んだことがなければ読みやすい方。
特に目新しいことはないけれど、フレーズがわかりやすい。
後半は伝わる資料の作り方。
見やすい資料作りの基本も載ってるので、汎用性は高い。
posted by まきむら at 14:50| Comment(0) | メモ

2019年07月03日

本当に頭がよくなる 1分間勉強法

https://amzn.to/2Jk0M7M

本屋で「瞬読」なる手法の速読本を見かけたので眺めてたら不意に思い出したため、読み返し。
どちらも、一度でも記憶に通したことなら眺めてるだけでも印象に残るようになるし、何度でも繰り返しているうちに固定されていくよ、という手法。
どれも先の苫米地さんの本と同じく「初めて読む事例には通用しない」
結局、速度とそれまでの下積みの知識は比例するという話。

目に入った印象を意味のある単語として認識する練習が瞬読本の主な内容だったので、そんなんするなら国語辞典を読んで語彙力高めた方が面白いのではと感じてしまった人はもう、ある程度の瞬読はできてるんじゃなかろうか。
名前を変えて同じものは繰り返し出てきますなあ。
posted by まきむら at 22:39| Comment(0) | メモ