2020年02月19日

大人のための読書の全技術

https://amzn.to/2HmDgX9

以下、読書メーターに投稿したものに
改行を加えた。
どうにも我慢がならんかったことだけ
伝われ。

ここから----

出版社が定めたコピー回数上限が30回。
この厚さで30行しかライン引いてもらえないような
薄っぺらい内容の本を出版してみえるんですか?
て気持ちになったので、書き留めておく。

一時流行った○○大全ではなく、齋藤さんの全技術。
過去の著作を全部さらっている人には見覚えのある
ネタの方が多いはず。
「肝の部分を書きはじめるのは三、四章からで、
 自分がいちばん言いたい結論は最後の終章に
 まとめるのが一般的」(改行はぼく)
の本文のとおり、1、2章はほとんど読み飛ばした。
本から得た知識の使い方が
よくあるブログじゃないのは好感。
書き手の年齢か。

ここまで----

350ページある本の2割と言っても70ページは
あるのだから、70回は許可しとけよと
本文準拠で考えた。

齋藤孝さんは対象年齢によって文体が
たいへん横柄で、これくらいの対象年齢の方が
読みやすいんじゃないだろうか。
教えてやるオジサンはウザイだけだよ、
が本文に滲まずにあからさまに現れる人という
印象が強い。

そんな個人的な印象はさておき、
○○大全的な内容を期待して読むと
割と裏切られる。
あくまで、齋藤孝氏の知る限りの技術であり
世界的に読書技術を網羅した本ではない。

だいたいの読書術は、精読と速読を
切り分けているように、この本でも
精読と速読を分けている。
速読については本を読む本に20ページくらいで
まとまっていることが、まるで
新発見のように200ページで何度も語られている
現代に、読み尽くすのを目標にしてるかのような
勢いで速読本を読んでいて、齋藤孝さんの著作を
何冊か読んだことのある人には、目新しい情報は
そうなかったんじゃなかろうか。
片手で足りるほどしか読んだことがない
自分がそう感じたので、信者の方のご意見も
見てみたいところ。

引用ができるようになるには教養が必要と、
情報の取捨選択ができるようになるには
前提とした知識を持っていなければ
ならないということをきちんと語っていたことと、
世の速読本がアウトプットとしてブログを安易に
勧めているなかで、日常の行動に反映することを
始終訴えていたことには好感を持った。

まともなこと言ってるって思ってんのに
器が残念なんだよな、と毎度残念な気持ちに
なるのだけれど。
そんなこと知らん人には割と普通に勧められる
少し厚めの読書本。
ご本人が、著者の書きたいことは3章くらいから
なんなら結論から読んでもいい、という趣旨の
ことを本文で書いて見えるので、
心置きなく3章から読み出して構わない本だと、
言い切っておく。

20200214
20200219
posted by まきむら at 09:44| Comment(0) | メモ

2020年02月15日

映像研には手を出すな!(アニメの方

https://amzn.to/2RYXyME

リンクはコミック。
えねちけーの深夜番組なんだが、
早々に日中一挙放送が実現したくらいに
一部で大人気。
1話でどハマりして、その日のうちに
コミック全巻と電子書籍全巻買って
アニメは毎週1話から見直してるくらい
ハマってる。
一目惚れは正しい。

自分は浅草氏が好きなんだが
世間では金森氏大人気。
一部クリエイターの方には、
金森氏にマネジメントされたい要望が
上がっている模様。
ぼくの目の届くところに水崎氏が
あまりいないのな何故なのか。
「乗りこなせない予感がしないから」か、
同業の人ほど彼女のめんどくささを
かぎ分けているからか、
あんなハイレベルの友だち現実感ねえよ
とか、あるんじゃないかしらと
勝手に考えている。

クリエイターはよきプロデューサーと
出会ってなんぼという話。
そこをふんづかまえていた
浅草氏の野生の嗅覚が好き。
水崎氏をふんづかまえた
金森氏の鍛えられた嗅覚が好き。

アニメに一度でも憧れた
テレビの向こうの世界で自分も戦った
秘密基地にときめきを隠せない
女性諸氏にお勧め。
全力でお勧め。

アニメと映画と創作が好きなら
どっかに刺さる。
やればいいんだという解放と
やるしかないんだという決意と
楽しめ!ていう安心がもらえる
作り手に優しいアニメ。
原作もサイコーなので見て。
とてもコミティアを感じる画面構成が
ぼくは好きです。

20200206
20200215
posted by まきむら at 14:59| Comment(0) | 動画とか音楽とか

2020年02月14日

黄色い煉瓦

https://www.nhk.or.jp/nagoya/renga/

ジワジワと人気が定着しているようで
今年の3月に、72分拡大版が全国放送らしい。

ルポライターが詐欺師の裏付けとって
記事を書こうとしたら
噂はただの噂で、素行の悪いだけの
ただの職人だったよって話。

会社から見たら迷惑千万だし、
事業としては妥当と考える人も多かろう現代で
ぼくには「こういう馬鹿が職人を殺してきた」
という気持ちになるドラマだった。
逆を言えば、職人はこうして消えていった
ドラマでもあるんだけどな。

地元民としては、最後に煉瓦づくりを
引き継ぐ若手が伊奈さんだったという
史実回収がムネアツ(笑)
誰でも知ってる伊奈製陶、のちのINAX、
今はLIXIL。
当時の話はこの辺に。
https://www.livingculture.lixil/ilm/terracotta/about/start/

大河ドラマ的に、歴史の概要を知るには
面白いドラマだった。
これをきっかけに常滑焼という名がさらに
認知されればいいね。

20200214
posted by まきむら at 21:49| Comment(0) | 動画とか音楽とか

映像研には手を出すな!5巻

https://amzn.to/2OxoP6u

映像研は紙で読め。
今時のグレスケ漫画で電子書籍でも
安心して読めるんだが、
映像からマンガに来た人の画面構成が
好きな人は、ぜひ紙で読め。

視線の誘導が直感的で違和感がない。
好みの問題があるから問題にしないと
かわぐちかいじ先生がおっしゃったと
以前読んだ気はするけれども、
最近、世にあふれ始めた「絵が先にあって、
セリフの配置が結果的に不自然」な
マンガに対して、擬音やセリフさえ絵として
取り込んでしまう構成力を見習えと
心底思うものである。

百目鬼氏独壇場というか
人に見せるために会場を整えるという
イベントも含めた「発表」を視野に入れた
映像研の新しい動きは、今後の活動に
どんな展開を与えるのとても楽しみ。

20200207
posted by まきむら at 13:30| Comment(0) | メモ

2020年02月12日

これは紙で読まなかんという作品

ここ何年か電子書籍で買ったうち
これは絶対紙で読めと思ったまんが

見開きのシーンが効果的なので、
見開きで読めないなら紙にしろ
なやつ

少女終末旅行
https://amzn.to/37nyWBj

はやて×ブレード
https://amzn.to/37oQoFX

captainアリス
https://amzn.to/38mCwgv


ノド(綴じ側)の余白が消える前提で
紙面構成されているので、
電子書籍で、読むと見開きにしても
違和感を感じてしまってもったいない

ACCA13区監察課
https://amzn.to/31Lb4Xj

映像研には手を出すな
https://amzn.to/2SzVee1

見開きで紙で読む前提のマンガと
電子書籍で読むのが前提のマンガと
タテに読むのが前提のWebマンガでは
視点の誘導が当然変わるわけで

そこを観察しながら読むのも楽しいです
その媒体に特化した手法というのは
どこの業界にもあるものすな

マンガでないけど、個人的に、
エッセイのようなどこからでも読める本は、
電子書籍むいてねえなと思う

自分の持ってる本だと
立花隆さん(https://amzn.to/37pnFAQ)とか
外山滋比古さん(https://amzn.to/2HhUQLL)あたり
外山さんの本は、最近は変に文字が大きかったりして
逆に読みづらくなってたりするので
電子書籍の方がいいかもしれないなあと
感じてはいる
posted by まきむら at 09:11| Comment(0) | メモ

2020年02月07日

アニメタ! 5巻

https://amzn.to/2ubFbL2

買ったその日に何度も読み返すマンガの最新刊。
幾多の奇跡の上の新刊発売、連載継続。
おかえりなさい、待ってました。

夢を追う主人公が、夢から逃げないための
選択を重ねて地道に技術を磨いていくことを
周りが純粋に応援しているのが嬉しい。
作画愛は伝わる。
全体に世界は優しい。
絵を描くのに必要なのは観察眼。
その鍛え方も実は詳しい、現場の声。

ぼくにとっては永遠の憧れなのだろうけれど、
今なら独りでも形は作れると、
小さい一歩を踏み出せる。

20200203
posted by まきむら at 14:19| Comment(0) | メモ

2020年02月05日

スタンフォード式 人生デザイン講座

https://amzn.to/2tm7BBR

わかりやすい七つの習慣(違う
定義としては7つの習慣と本筋は変わらない。
まず自分が照らし合わせることのできる
指針(コンパス)を作る。

それが一番大事で、あとは自分の
やってみたいことの思いつきかた、
妄想を現実に引き上げる方法、
実行する前の人脈の作り方が書かれている。

結局のところ、ぶれない指針を握りしめて
納得できる結果と出会えるまで、
小さなトライを繰り返せ。
という、成功しないわけがない点については、
世の啓発本と何も変わらない。
違うのは、小さなトライを見つける手法。

コレもまた、初めに何に出会い、
何を信じるかの違いでしかないけれど、
この本の手法は楽しい。
楽しく見つけたものが、必ず正解ではないことに
何度も釘を刺しながら、必ず正解ではないからこそ、
何度トライしたって構わないのだと
何度も勇気づけてくれる。

その点については大変好感が持てるし、
試した方がマシだと信じさせてくれる。

持っているエラーの数は武器になる。
それは事実。
だったらそのエラーを、楽しくたくさん
体験できたら、それだけの武器を手に入れられる。
それらのヒントとしては、他の本よりも
楽しく読むことができた。

その点だけでも、ぼくはこの本をおすすめする。

20200203
posted by まきむら at 09:10| Comment(0) | メモ

2020年02月03日

介護と介護とウツと猫

https://amzn.to/36EB4Fo

あの作家さんどうしてるんだろう?
と検索かけてみたら大変なことになっていた。
Kindleで無料連載中、不定期更新。

どうしても健常な人に頼りきりになるのは
理解はするのだけれど、待ったをかけられないと
際限がなくなる。
さらっと描かれているけれど、心労で倒れて
共倒れの手前まで行っていたんじゃないか。
突然の終了に、ほっとしてしまうのも、
近いからこそなんだろう。
ほっとしたのもつかの間、
新たな問題が立ち上がりつつ
待て次号。

次号も気にしていよう。

20200111
posted by まきむら at 09:01| Comment(0) | メモ