2020年09月05日

副業でイラストを描いてストックイラストで収入を得る方法

https://amzn.to/2zKOCE5

シンプルに方法だけだった。
だったけれども、希望が持てる。

サイトが紹介されているので、
そこを見るだけでも十分100円かな。

こういう本は数撃って自分の
きっかけを得ればもうけものなので
手取り足取りじゃなくても
怒っちゃダメだし、そこで
怒り出すならたぶん向いてない。

20200619
20200905
posted by まきむら at 00:00| Comment(0) | メモ

2020年09月03日

神絵師JKとOL腐女子 1

https://amzn.to/32eyR2y

ネットで話題になってたあれ、
コミックもう2巻まで出てるんだなー
と言われて慌てて読みに行った。

同じこと、やりまし、た、ね…
相方は、好きな作品の二次創作の作家さんです(´ω`)
性癖が一致するので、大変楽です。
オタク同士がつきあうには、変態の方向性の理解は
絶対に必要だと思います、マジで。

わかりみしかない。
ついでにうらやましい。
仕事もハイスペックとか完璧だろ。
チクショウ、稼いで食わせたい。

みたいな感じで。
読んでるといろいろつらい。
自分がふがいなくて。

在宅で食えるようになるしか。

20200822
20200903
posted by まきむら at 00:00| Comment(0) | メモ

どろろ 1

https://amzn.to/31kQf6t

コミックの方。
たぶん初見。
読んでたとしても覚えてなかった。
平成版アニメは半分で挫折中。
百鬼丸が、平成アニメより普通に動く。
人形師のオジサンも、わりとさらっとした
イメージ。

親の鬼畜もあるけれど、
世の中の殺伐がつらい。
生きるってなんだろうなあということを
冷淡につきつけてくる。

死体が真横にある生活が、ひとときでも
身近にあった人だということを思うと
死が真横にある時代を描く自然さに
納得もできる。
今の作家に感情を除いて描くことのできない
日常の凄まじさは、この時代ならではという
気もした。

室町までの日本の庶民の殺伐さ加減を
ほかの所で目にしてみたら、
まだ現代のオブラートがかかってるだけ
マシだったのねという気持ちになりました。
一部地域は昭和初期でも今でもこんなんよねー
ということを考えなかった訳ではない。

20200822
20200903
posted by まきむら at 00:00| Comment(0) | メモ

セルと羽根ぼうき

https://amzn.to/3bqcwTY

動画はアニメタ!、制作はSHIROBAKO、
制作全般は映像研、そして
「セル時代の撮影は、セルと羽根ぼうき」

あと足りないのは色彩設計仕上げと
背景じゃないでしょうかー!

という、星里もちる先生の
単話読み切りからの電書へ昇格。
世知辛え。

自分を作ってきた作品を、まさに作った
人たちを描く作品。
ぼくらが呑気に見ていた作品を
「作るお仕事」をしていた人たちの
日常の片鱗。
ぼくはこれから少しアニメの世界に
つま先をつっこんで生きていくと
決めたのだけれど、
あの頃、夢を見ていたものの現実を知っても、
尻込みしない程度には覚悟は据わったものと
思いたい(笑)

この夏までの事件が、生き方を変えていく。
今、その場に自分はいる。
偶然をひっつかまえた主人公の夏の事件。

好きなものに関わる、てことが
どんな意味を持つのか。
そんなことも考えさせられる
マンガでありました。

20200828
20200829
20200903
posted by まきむら at 00:00| Comment(0) | メモ

あなたを天才にするスマートノート

https://amzn.to/3b4I29H

何度目かって感じなんだけど

だいたいフェーズを忘れるので
忘れるとメモを開かずに読みに行く。

かなり古い本になりつつあるのだけれど
ネタ帳として維持するには大変効果的と
信じられる本で、その点のみについては
それなりに信頼しているのかもしれない。

記憶違いがなければ、アドラー心理学に出会う前に
「おもしろき世をよりおもしろく」
という文言に出会い
「どんな状況でも楽しいと思うのは自分よな」
という知見を得た身としては、
「自分をよりおもしろくするため」に
特化されたノート術というのは
なるほど、座右の書となるのかもしれない。

自分の中でこねくり回したことが
自分以外の誰かにとって面白く吐き出せることが
物書きの最低条件だと思うけれども、
すべての人にとって面白くあることなぞ
不可能なのはわかりきっているので、
分解しきれない何かとか、
こなれきれない何かとか
そういったものを、気持ちよくなれるまで
描ききるための手段として
知っておいてよい方法だと、
毎度のごとく確認するのでした。

岡田さん個人の好き嫌いは
この際ぜんぶ、脇に置いて、
何かを発表したい人は、
一度読むと面白いと思う。

20200828
20200903
posted by まきむら at 00:00| Comment(0) | メモ