2020年11月11日

悪魔の勉強術

https://amzn.to/38Dco4b

同志社大、神学課で行われた
出張講義の書き起こし。
佐藤優さんは、自分にとって
「キリスト教の知りたい部分」を
書いている人。
キリスト教徒の方がキリスト教を
有り難がってる話ではなく、
キリスト教が社会の中で
どういう立場なのかという点を
説明してくれる現時点での唯一の人。

今回の本は、神学課の学生さん向けに
「神学課を卒業した上で、
 どう稼いでいくか」
「稼ぐための基礎教養として
 何が必要とされているか、
 また、それをどうやって
 学習してゆくか」
「神学の道で生きていくとは
 どういうことか」なども含めつつ、
プロテスタントの研究をしてくる中で、
影響を受けた方がたを紹介している。
佐藤さんがずっと憂いを抱いている、
数学、語学、歴史の勉強法も、
わかりやすく書かれている。
教材も具体的。

教義云々よりも「思想」とか
「社会の共通認識」とか「哲学」として、
どんな地位なのか。
神学課に身を置くとはどういうことなのか、
という視点は、触れることはほぼない話なので
変なキリスト教入門よりずっと面白かった。

また読む。

201108
201111
posted by まきむら at 23:32| Comment(0) | メモ