2021年05月22日

モンスターハンター

https://monsterhunter-movie.jp/(公式)
https://amzn.to/3u9ruFE(円盤)

CM見た時に思うた、双剣使いの新米ハンターが上級クエに引きずってかれて無理やりレベルアップという印象そのままな映画でした。
酷評される理由もわかるひでえ終わり方なのはとてもとても理解するし、否定も全くしない。
あの終わり方はないわーw って笑っちゃうレベルに、あの終わり方はない。
それでも

初めて出会ったモンスターが無知丸腰だとちゃんと怖くて、ディアブロス初見の己のビビり具合を思い出した
属性なんか関係ねえんだよ、無属性値で頭殴っとけ
乗って削れ
モンスターから奪った部位で最強の毒属性武器を作るぜ
テヘペロ料理長かわいすぎかよ

みたいな、ワールドを思い出す世界描写はぼくは大好きだったので、

なんであの終わり方を許した
とゆーか、新米ハンターにとってはアイルーが最強ですよね!まで拾わなくていいんだよ

とか

クエスト終わったけど、乱入のせいでリアルタイム戦闘なうだよ、チクショウ!

みたいな、なんでそのネタを拾っちゃうのっていう脱力感をどーにかしてほしかった。
モンハンネタ的には間違ってないと思うけど、ストーリー的に入れるの、内輪ネタ過ぎて面白くないぞ…。

モンスターのスケール感としてはスクリーン大きめの劇場で見てほしいけど、その1900円で何かインディーズゲーム買っとこ? てなってしまうこの気持ち。
終わり方についてだけは見終わってからずっと「どーしてそれを許したの」とはなってますが、映画としては嫌いではないのよ。
エンディング直前までは普通に面白かったんだ。
うわあ、やらかしちゃったよー…てなっただけで…
面白いと思ってやったなら、相当深刻なのではなかろうか…という素人の余計な心配をしてしまうレベルにやらかしちゃっただけで…。

ドラゴンボールとマリオが許せる人向けという前評判は確かにその通りだと言うしかなくなっちゃったのが残念すぎる。
モンハン愛してる人はネタ以外の目的で見に行かない方がいいんじゃないかな、ぼくは嫌いじゃないけど、としか言えない映画でした。


相方から「もう円盤出るんだなー」て昨日教えてもらいました。
抱き合わせる必要、あるのか、これ…てなるわけですが。
いよいよ売れない方に舵を切ってる気しかしなくて、また歴史に悪名を刻んでしまうのか…

配信も、8月には始まるそうです。
なんだかんだでリピートしそうな気はしているくらいには、好きらしい(笑)

210519
210520
210521
210522
posted by まきむら at 11:27| Comment(0) | メモ