2019年08月05日

【今週の本】英語多読 すべての悩みは量が解決する!(2019.07.18

----------------------------------------
準ひきこもりなひきこもり支援相談士が
読んだ本のこととか垂れ流すところ(長い)
----------------------------------------

できないことはたくさんあるし、
今でもできないことはたくさんあるし、
それでも「できるようになった」ことは
たくさんあるので、別にいいかな、と思って
いる。
知らなかったことがわかる、
わからなかったことがわかる、
できていなかった理由がわかる、
そういう体験は少しずつでも続けないと
起こらないので、諦めて投げ出すことだけは
絶対にしない、と決めてしまうのが
自分には1番良かったです。

今はゲームのためのシナリオつくりに
悩んでいて、たぶんこの次はゲームの
スクリプトで悩んで、音楽で悩んで、
頭が痛くなってふて寝して、そうして一つ
「わかる」ことが増えていくんだろうなと
今はまだぼんやりと想像してます。

文末に、日曜日に流しているお知らせを
追記しています。
当日までは続けます。
あしからず、ご了承ください。

今更ですが、告知ページ、できました。
http://urx.space/TUVl

----------------------------------------

■今週の本
英語多読 すべての悩みは量が解決する!
https://amzn.to/2lkaajh

いろんなところで書いているので、
知っている人は知っている。
まきむらさんの英語力は中学1年の
2学期で止まってます。
当時の先生ととにかく折り合いが合わず
さらにその先生が3年間担当だったため
中学1年の2学期からすべての授業を
ボイコット。当然宿題も一つも提出せず、
高校入試も0点でうっかり合格し
(定員割れしていて第一志望にした生徒は
 全員合格だったそうだ)
入学後の実力テストのヒアリングの放送が
かかった途端、体が震え、涙が止まらず、
とてもじゃないけどテストどころじゃ
なかったくらいには、英語ができません。
高校に上がっても、475人中472番うち
2人欠席だったとか、平均点85点だった
書き換えのみのテストで5点をとって、
英語教師が泣いたとか、そういうネタには
ことかかない。

その程度の人が
「ホームズの短編を辞書無しで読みたい」
という目標だけ掲げて、もう10年くらい前に
やったのが多読でした。
合わせて、
英語で日記を書いてみる―英語力が確実にUPする
https://amzn.to/2ltvEui
とか
英語日記表現辞典―書きたい表現がすべてここにある
https://amzn.to/2jGTVwi
とか、若干のライティングも
やってみたりした。

結果。
短編は、読めるようになった。
本当になった。
ただ、これについては本文にもある
「訳せと言われたらできないけれど、
 分かります」レベルだったので
正確に訳せるかと言われたら、今でも
怪しいのだけれど、

読書百遍意自ずから通ず

ってホントなんだねー、と痛感しました。
今はきれいに単語も忘れ、読めるかと
言われたら多分読めねえだろうなとしか
応えられませんが、まぁ、実際として
言われたとおりにやっていれば
効果はあります。

多読の手法に加えて、ネットで読める無料本、
参考になる動画、耳で覚えるための
おすすめのシリーズなど、資料本としても
役に立つので、胡散臭いと疑う前に
素直にやってみればいいんじゃないですかね。

多読三原則にある
1 辞書は引かない
2 分からないところは飛ばす
3 合わないと思ったら投げる
の「辞書は引かない」については
きちんと本文で疑問に応えているので、
まえがきのおすすめどおり、後ろの方の
疑問解決のページから読みはじめても
いいかもしれません。

学校で習う英語の勉強が合わなくても
楽にたのしく数で圧倒していくやり方が
合う人には合うと思うので、
公式サイト(https://tadoku.org/english/
とか眺めてみても楽しいんじゃないでしょか。

----------------------------------------
■お知らせ
2019年7月27日 13時30分より
武豊中央公民館の( https://bit.ly/2QAhnaw)第一和室にて、
『第〇回 絵本(をだらだら読む)会』
を行います。

子どもへの読み聞かせ会では「ありません」

一般に読書会と言うと、ビジネス書やら
小難しい本やらを宿題で読んできたり
その場で読み合わせたりして、
ディスカッションやらコミュニケーションを
目的に行われますが、
タイトル通り、だらだら読むだけの会です。

通常のひきこもり向けの居場所は
外に出ることとを目的に設定されていますが
コミュニケーションをとることが
前提になっているように感じます。
人口の3割はいると言われる内向型とされる
非コミュニケーション型の人たちには
とてつもなく大きなお世話だったり、
面倒の種だったたり、ただそれだけで
敷居の高いイベントになっていたりします。
そんなわけで、

内向型には内向型の
時間の過ごし方があるんじゃよ

というコンセプトで企画しました。

飲食自由、途中入場途中抜け可。
隣に図書館があるので、手ぶらでも
問題ありません。
コミュニケーションを強制はしませんが、
まったく口をきくなとも申しません。

タイトルは絵本ですが、読みたい本を
持ち込んでくださって構いません。
持ち込む本に困ったら絵本や児童書で
いいんじゃね? というラフな企画です。
つまりは、まきむらが行きたくなる
フリースペースをそのまま実現する
試みです。
今回は「〇回」と称した、プロトタイプです。
アンケートくらいは撒くかもしれませんので、
念の為ご了承ください。

入場料を取るつもりはないのですが、
カンパとかしていただけると
まきむらが助かります。

参加希望の方は、このメールに返信して
いただければ、まきむらに届きます。

また、愛知県内など、誘ってみたい方が
みえるなら、転送も拡散も、留め立ては
いたしません。
ご自由にどうぞ。

----------------------------------------
posted by まきむら at 13:03| Comment(0) | メルマガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: