2019年08月19日

東大首席が教える超速「7回読み」勉強法

https://amzn.to/2Z7XfnD

1分間勉強法と同じく、とにかく何度も目に入れることがまず第一。
その上で、記憶のための補完のポイントや、くじけかけた時の対処法が、個人の体験として書かれている。
1分間勉強法よりこちらのが読みやすいし、やりやすいと自分は感じた。

この類いの手法を自分が評価するのは、試験前に繰り返し教科書を眺めたドイツ語でA○評価がついたことがあったから。視覚情報優位の人に向いていた実体験がある。
自分は、音読、聞き取りよりも繰り返し眺める方が向いている。

書かなきゃダメ、聞かなきゃダメ、という反論をするではなく、どの五感からの情報が記憶に残りやすいのか、残しやすいのかという視点で、勉強法を選べばいいというのが、最近の自分の考え方。
できないことを克服してる時間があったら、得意なやり方でやればいい。
求めているのは結果であって、やり方じゃない。

その辺の考え方もきちんとフォローしているので、手法に悩んでる人には方法の一つとして眺めてみるのをお勧めする。
posted by まきむら at 09:29| Comment(0) | メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: