2019年12月24日

【今週の本】「結果を出す人」はノートに何を書いているのか(2019.07.25)


----------------------------------------
準ひきこもりなひきこもり支援相談士が
読んだ本のこととか垂れ流すところ(長い)
----------------------------------------

アンケートを用意したいねと考えたまま
週末を迎えそうです。
飲み物くらいは置いておくつもりなんですが
主に自分用なので、水しかない、たぶん。
誰かのためのサービスではなくて
自分たちのために自分ができることをする
そういう形を探していきます。

文末に、日曜日に流していたお知らせを
追記しています。
残り2日。当日までの言葉どおり、
これが最後のお知らせです。
あしからず、ご了承ください。

今更ですが、告知ページ、できました。
http://urx.space/TUVl

----------------------------------------

■今週の本
「結果を出す人」は
ノートに何を
書いているのか
https://amzn.to/2M9pjPT

10年前の本なので、文具など古くなった
情報は当然あるんですが。
とにかく書け、どんどん書け、書いて忘れろ、
読み返して定着させろ、必要なら読み返せ。
という世のノート術の基本は変わりません。
ここが源流という気はあまりしないんですが
いくらかの方法論の源流には確かになって
いるんでしょう。
美崎さんの本わりと読んでたのね、と
この本を読み返してて気づきました。

用法としては、思考の整理学(https://amzn.to/2JOXURy)や
情報は一冊のノートにまとめなさい(https://amzn.to/30R7Xvb)に
紹介されていることも含まれていたりします。
ただ、ノートを選ぶための、本体のサイズ、
罫線の情報、お高いノートのメリット、
デメリット、乱立するメモの管理、
付箋やメモ帳の活用や、スケジュール管理、
自己啓発のためのノートの活用といった
自身の生活のためのノートの活用術としては
10年経っても参考になることは多いです。
シールの自作はともかくとして、
プリンターを使った付箋の自作を勧めている
本は、たぶん自分はこの本しか知らない。

メモ→母艦+スケジュールは、
思考の整理学にあった「メタノート」を
思い出します。
最近読んだ本でも、同じようなネタが
ありました。
メモの使い方の印象は
未来ノートで道は開ける(https://amzn.to/2YfSM1d
だったのだけれども、これは個人の好みと
読書傾向で印象は変わるだろうから、
ノートを10年も20年も使い続けていると
みんな似たような結論に至るのね…って
古い本を読んでいても思いました。

今でも自分はメモ帳については試行錯誤の
真っ最中で、全部書きだした結果

ページは80枚を超える
サイズは横100ミリ未満
高さはB6まで(182)
罫線は5mm以下。

ということになりました。
ポケットサイズのモレスキン(https://amzn.to/2M7I46l)と
野帳(https://amzn.to/2JMUIGc)、
バイブルサイズのシステム手帳、
B-TAO(https://amzn.to/30P0OeM)を
使い倒しての実感。
野帳は表紙もサイズも最高だったのに、
40枚は少なすぎた。
ページが少なくなってくると、不安になって
手が止まるので、オリジナル表紙とか
出さなくていいから、100枚ノートを
出してほしい…。
人気があるのは理解してるけど、
地味なニーズもここにあるのよ…(笑)

横が100ミリを超えると、メンズのGパンでも
出すときにちょっと引っかかるのがストレス
で、タテA4(210ミリ)は腹に引っかかる。
まきむらさん平均よりミニマムなのに
横幅は平均値軽々超えているので、
パッツンパッツンなのはいろいろ困るのです。

そんなわけで、未来ノートで道は開けるで
紹介されていたパイロットのメモ帳
テト424(https://amzn.to/2M7Hk13)を
試してたところ、これが存外に書き味がいい。
罫線は5.5ミリ、240ページの安心感。
83×128ミリでこぶりながら、ポケットに
入れっぱなしにしておけるので本当に
いつでもどこでもメモができる。
これをバレットジャーナルとして使っている
時に、普段遣いの手帳のサイズを
まとめなおしていて上の結論に至った次第。

そうして探してみたら、あったんですよ。
奇跡の一冊。
どうして今まで気づかなかった。
読み返してみてよかったよ、
未来ノートで道は開ける。

パイロット テト-820(https://amzn.to/2YnXTML

95×173ミリと、今の所試したことのない
タテサイズに不安はあるけれども、ヨコは
クリアしているし、なんといっても枚数と
罫線の幅。
これがだめだったら テト-819(https://amzn.to/32LnBdo)が
モレスキンのポケットサイズとほとんど
変わらないサイズなので、切り替えて
しまえばいいかな、と。

先日、モレスキンを買ってしまったので
(ユーロの都合で安くなっていた)
使い切ったら買おうと決めました。

今回ちらちらと書いているうちに
読み返してまとめたくなってきたので
同じタイトルを見かけたら
「やりやがったな」と思うに留めて
いただけると幸いです。

----------------------------------------

1000ページ越えの本に手を付けてしまった
ので、更新が滞ったらすみません。
言志四録(https://amzn.to/2SKs2AN)が
面白い…
この水準の知識で幕末の方々はものを言って
たんだなってわかると、物語を見る目が
変わる本かもしれません。
あ、基礎教養…? ひょっとして…

----------------------------------------
posted by まきむら at 22:42| Comment(0) | メルマガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: