2020年01月24日

ブルーピリオド 6

https://amzn.to/39YQ5E0

ぼくは途中で絵を習うことを諦めて
見ることを思いつこうともしなかった
景色なのだけれど。
絵を描くことに真剣に向き合う先にあるものが、
なんなのか見届けたくなる。

絵を描くってのは、
命(自分)削って命(自分)を描く作業で
ものすごいストレスかかるし
ものすごい体力使うし
頭も手もフル回転して、
だけどやめられないことなんだよな。

芸術とか、職業にはしなかったけど
小さくて楽しいものを
それでも書き続けていて
結局やめられないまま生きてきて、
絵を職業や飯の種にしている人たちは
あの労力をコンスタントにかけ続けるだけの
訓練をこなしてきたひとなのだと
何度も思い知る。

八虎おめでとう。
絵っていうのは、本当に
自分の意図なんか関係なく
今の自分が晒される行為なんだなと
確認させられた。

20200110
posted by まきむら at 22:44| Comment(0) | メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: