2020年04月25日

ドラえもん のび太の大魔境

https://amzn.to/2RW6pOu

先日ついったで見るまで、
ヘビースモーカーズフォレストが
実在すると信じてた人は正直に挙手。
出木杉くんの、絶対感がすごい。

なんだかんだで出木杉くん、この手の話に
なると救世主のように知識を授けてくれる。

この歳で見ると、ペコきみ、地味にひどい。
しっかり先導してるのも、今ごろ気づく。

長いこと見てしまっているので
「いやいや、もっと便利なものあるだろ」
とか思うし、まだショックガンの担当が
のび太じゃないんだよね。
グルメテーブルかけは魔界大冒険からと、
ついったで教えていただきました。
言われてみれば。

タイムパラドックスを覚えたのもドラえもん。
小さな頃からずっと
「ではその知識を一番最初に知ったのは誰?」
という問題を抱えたまま大人になり
大人になってもそのままになる
ドラえもんマジック(笑)
藤本先生(藤子・F・不二雄先生の本名は
藤本弘先生とおっしゃる)ならではの
SFはサイエンスファンタジーでなくて
「少し不思議くらいがちょうどいい」
案配。
小さな命がけの約束が守られた後には、
きっと静ちゃんはおだやかにお風呂に入ったに
違いない。
そんな気持ちに変わらずなった、
あっという間の冒険者譚。

この時思い知った自然の中の無力が、
だんだん経験値になっていくのは頼もしい限り。
けれども、頼もしいのが当たり前になった頃
ぼくらはたぶん、何かを失った歳になっていた、
と、そんなことも思い出した。

この映画、まだ、静ちゃんが
のび太くん呼びなのよな…

20200422
20200425
posted by まきむら at 17:15| Comment(0) | メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: