2021年03月23日

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

25年目の宿題

シンエヴァの感想ではなく、
ようやくまとまった自分の中での
シンエヴァの世界観の結論

■前提
まきむらさんはミサトさんが好き
まきむらさんは加持君が好き
まきむらさんはゲンちゃんが好き
まきむらさんは冬月さんが
ユイさんを大好きだと信じている
人類保管計画の「最初に描かれた正解」は
貞本エヴァ(コミック版 綾波トゥルーエンド)
だから、終わり方が同じ

■エヴァとはなんだったのか
ユイさんを取り戻したいだけのゲンちゃんによる、
人為的なタイムリープ

■テレビシリーズ(綾波ルート)
ムリヤリ世界を再生させてみたものの
貞本エヴァにもたどり着けなかったので失敗
やりなおし

■旧劇(惣流ルート)
世界の再生には一応成功したけど、
ユイさん帰ってこなかったので失敗
やりなおし

■新劇(真希波ルート)
LCLから再組成した真希波型という成功例が
あったルート
惣流素体は戻らず、式波型として現存
期待値:高
うっかり余分にサードインパクトまで
成功させて、周回遅れが発生した
求めてたのが綾波型じゃないことは納得できたし
ユイさんが帰ってこないことも腑に落ちたし
ついでに再会できたし
息子に委ねる決心着いたからもういいやと
ゲンちゃんがプレイヤーを降りた故の
世界にとってのトゥルーエンド

■薫君の定義
破壊再生の象徴
ネルフというか、ゲンちゃんにとっての
リセットボタン
彼が巻き戻せたのはセカンドインパクトまで
だったのではなかろうか
棺の数だけ頑張った、頑張ってたんだよ
作品になったのが3人だけで

■感想
ユイさんが象徴ではなく、
実体を伴った母親になるには
モヨコさんは絶対必要だったし
ゲンちゃんがあの結論に達するにも
全てを受け入れてくれるモヨコさんが
必要だったし、エヴァ完結の
最大の貢献者はモヨコさんという
世間の意見には、微塵の異論もない

冬月さんが最初の実験から
ずっと立ち会い続けてたと仮定すると
途中まではユイさんを取り戻すことへの
単なる同調だったものが、
世界の行く末を見届ける義務感に
転じたのではないかと想像
真希波により、ようやくの結末の予感を得て、
終わらせる決心がついたんじゃないかな

ヤマト計画だからって、
宇宙戦艦ヤマトやらなくても
いいじゃない? いいじゃない?
いやあのミサトさん好きだけど、
大好きだけど!!!

全ての主要キャラの結末をねじ込むと、
あれだけの時間は必要でしたよね
キャラ多過ぎ…(´ω`)
全てのキャラの人生に責任を持とうとすると
こうなるよなあ…

20210323
posted by まきむら at 09:31| Comment(0) | メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: