2012年04月21日

学校では教えてくれない風景スケッチの法則

学校では教えてくれない風景スケッチの法則―不透明水彩絵の具ガッシュを使って描く

久しぶりに買った風景画本
今まで読んだ本の中に載っていなかったこととしては

筆の穂先の使い方を身につけるために筆ペンによるスケッチが勧められていた
室内は隅になるほど暗くするとリアルに見える
地面はブロックでとらえる

2番目の角にいくほどというのはアニメの背景をやっている人でなくては言えないことだと思った
実際、やってみるとそれっぽく見える
それからほかの本に載っていた同じ項よりわかりやすかったのは

草を描く時は塊でとらえる

風景スケッチというよりは「風景の絵」を描くための技術書
微妙な違いだけれど、一般の風景画とアニメやゲームの背景画の違いがしっかり出てる
これまでスケッチ本を読んでもピンと来なかった、イラストの背景なんかに悩んでる人は読んでみると発見があると思う
実際、自分はあった
生かせるかどうかは、自分次第なんだけどね
posted by まきむら at 23:24| Comment(0) | 読んだ本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: