2013年01月06日

今日読んだ本

自分の言葉で語る技術

大学生とか就活なんかの面接などで悩んでいて、自分の言葉について疑問を感じ始めた人向き
自分の言葉なんてものはない、必要なのは、他人が聞いて自分の言葉と感じられる言葉だ
という小難しく感じる結論のためのヒントがわかりやすく書いてある
一通り読んだら、目次の気に入った項目だけ抜き書きして手帳にでも貼っておけばいい

---

読ませるブログ
心をつかむ文章術

ブログは中高年こそ書くべき、という主張は置いておいて、ブログをツィッターと読み替えて読み進めると、炎上だの何だのと言ったトラブルは基本的に避けられると思われる
ネットワーク上はプライベートな空間ではなく、公の面前であるという意識を常に持てという点については共感した
だからといって、自分を作ってまでして閲覧数を稼ごうとは思わないんだけどね
まったくの初心者でこれからブログを始めようという人には、入門書としていいかもしれない
ある程度ネットワーク在住暦がある人には、なに言ってんの、おっさん?て言われても仕方ない感じの本
posted by まきむら at 19:39| Comment(0) | 読んだ本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: