2013年01月23日

買ったり借りたり

ポチとボクのかんたんパース: すぐに使える! いちばんかんたんな遠近法

同人誌のようなお値段のパースの解説本
薄くて、図ばかりで、理論はあまり書いてない
理論書の方が納得できる人にはお勧めできないけれど、理論書だとピンと来なくて実例から入りたいおいらのような人にはとてもわかりやすい本

---

2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート

改めて文字にされるとそりゃそうだと思うことも、口にして実行できるから実績が残せるのだと言うことをあらためて感じる本
仕事にふてくされたくなった時に読み返すと、背筋が伸びる

---

「社会を変える」を仕事にする: 社会起業家という生き方 (ちくま文庫)

社会起業家の方の本では有名な本だと思われる
恵まれた環境だったといえなくもないけれど、ニーズを見つけて、ひたすら社会を変えるためだけに行動することの意味が詰まっていた
文庫になる頃には社会は少し変わったけれど、まだまだこうした小さな働きを作り続けていかなければならないんだと感じた

---

15歳の寺子屋 落語が教えてくれること

柳家花緑さんの半自伝本
落語を嗜むということは、自らの想像力を高めると言うこと
想像の中で色々な人に触れ合うということ
一般的には出来の悪いと言われる人間の方が、いい落語家になるんだという父の持論を思い出した
posted by まきむら at 22:01| Comment(0) | 読んだ本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: