2013年02月28日

Kindleで初めて買った本

ノマドと社畜 〜ポスト3.11の働き方を真剣に考える

Twitterでフォローしている人の本を初めて買って読んだかもしれん
本を読んでからフォローした人はたくさんいるんだけどね
キノの旅の作者さんとか

フリーという生き方を併せて読むといいんじゃないかと思った
ノマドと社畜にあった「実際に自営業の人を捕まえて経験を聞く」という体験の一つにもなるし
ノマド商戦に踊らされる前に、イギリスのノマドの実態を聞いてそれでもノマドの道を選ぶか考えてみ?という内容
日本の就職事情とかに対するツイートに興味があったので読んでみたんだけど、内容的にはフリーという生き方のほうが、実践的
ノマドの実態を知るという点では役にたつし、派遣でさえ仕事にありつけない人がどういう道筋をたどるのか赤裸々に描かれているという風にも読めた

今でも日本の就職儀式は残っているけれど、この本に描かれているような事態も起こり始めていると思う
昔ながらの儀式が通用する会社がこの先どんどん淘汰されていく姿を予感させるようなそんな本でもあった

値段以上の価値はある
300円でおつり返ってくるとか、1回おやつ我慢して読んどけと思ったよ(笑)
posted by まきむら at 23:40| Comment(0) | 読んだ本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: