2020年05月04日

シン・ゴジラ

https://amzn.to/2VRZ5FT

何回見るのと言われそうだけど、何回でも見る。
見られるなら。何度でも。
これのレンタル代だけで、アマプラ年会費まるごと
もとが引けてる気さえする。

ストーリーが好きというよりは、セリフのテンポが
耳に馴染む。
邦画にはありえない速度のセリフ回しを、
本来かわされる筈の情報量をねじ込んで、
その上でギリギリ2時間に収まるのだと
声優に実演させて立証してから芝居させたという
話が好き。
このテンポに慣れない人には、意味のわからないことを
まくしたてられてるだけの科白劇でしかないかもしれない。
実際、まくしたてられた勢いでそれが「本当」かとか
「正解か」ってのはあんまり考えなくていい流れなのかも
しれない。
自分にとってはこれが気持ちよくて、
ついでに「怪獣映画につっこみたかったこと」が
ある程度回収されていて、見ていて楽しい。
シン・ゴジラを見終わると、そのまま1作めの
ゴジラを見たくなる。

自分が初めて見たゴジラは、恐怖映画としての怪獣映画が
時代を終えつつある頃だったのだと思う。
怪獣映画が娯楽映画に舵を切った頃だと見たあとに知った。
白黒のゴジラは、シン・ゴジラのあとに見た。
この最初のゴジラを見てしまうと、ゴジラを
好きだった人が、自分のできる技術で
「今のゴジラ」を描こうとしたのだと、改めて感じてしまう。
シン・ゴジラを見ると、ゴジラを見たくなる。

旧ゴジラで描かれた、日常と非日常。
社会問題と、一般の意識。
専門家と、個人のこだわり。
シン・ゴジラの政治劇が気に入らない人もいるかも
しれないけれど、自分はしったこっちゃない。

作戦の地味さも、好き。
物理攻撃の通じないイキモノの活動を内部から
停止させるしかない、という選択は
おそらくあの状況においては、正しい。
正しいかどうかの議論ではなく、あの世界で今、
唯一成功するはずの希望の持てる手段に
全力投球した結果、というのがいい。

そこにファンタジー以外の正解を求めるのは
無粋だ。

そういう意味で「現在の日本の持てる技術で
想定できる現代の理論で考えてみた
ゴジラへの対抗策を描く」という点では、
シン・ゴジラはちゃんと一つの解を描いていると
ぼくは信じる。
この先、核を超える技術は生まれるかもしれない。
ゴジラがなんの驚異でもなくなる時代が
来るかもしれない。
そのときに、今の自分が最初のゴジラを見たときのような
「あの頃の時代が感じていた技術への恐怖」を
誰かが感じたのだとしたら、ぼくが好きなシン・ゴジラは
きちんとぼくにとってのゴジラだったのだと
確かめられるのだと思う。

20200501
20200504
posted by まきむら at 05:50| Comment(0) | メモ

2020年05月03日

時間をもっと大切にするための小さいノート活用術

https://amzn.to/2Y7Qu3M

以下、読書メーターから転記(改行ほか修正済)----

今すぐ使える小気味よい正解を求めているだけの
人には「どっかで読んだことのある話」。
あらゆる旅を続けてきて、自分の中の正解に
ギリギリたどり着き、その上でまだ開拓を
していたい人には、同士を得た喜びがある本。

140ミリ×90ミリ! 
この数字だけでぼくはしびれた(笑)
あらゆるサイズを試して試して、
たどり着いたこの数字。
使えばわかる、メンズパンツの横ポケットに
ジャストフィットなモレスキンポケットサイズ。

全体にその手があったか! な発見よりも、
ですよね!!! な共感が多かった。

----ここまで

目新しいことがなかったのは事実。
ミニノートにはまっただいたいの人は、
この形に落ち着くのではないかという、
究極の形ではないか。
ノートを逆さまにして、反対側から別のテーマで
使うというのは、コクヨのシンプルノート術
(https://amzn.to/2xlfsBD)で初めて知った。
一冊を2種類のテーマで使うというのは、
なるほど、ありかもと膝を打った覚え。
企画をタイトルだけ書き留めるのを初めて見たのは
100円ノート「超」メモ術(https://amzn.to/2KNykwc)
ではなかったか。
インデックスをテキストデータにして共有するのは、
情報は1冊のノートにまとめなさい(https://amzn.to/3eXTohg)で、
初めて読んだ覚え。
結局、古から言われていることそのままなんじゃよ。
あらゆる使い方をためしていって、
どんどん削ぎ落とせば、それしか残れない。

何がスゴいって、この方、オリジナルのノートを
商品化してしまったこと。
いくつか案をつくっては満足できずを
繰り返している身としては、これは絶賛する。
サイズ感、紙、罫線、表紙の数字まで
ここまであったらほぼ完璧。
ミニノートでここまで備えてたら、100点越えてる。
とはいえ、自分にとっては枚数が少ないので、
飛びつけないのがちょっと残念。
書き始めると、A5ノート 30枚をその場で
消費してしまう人には、手帳サイズで64ページは
本当に少ないんじゃよ。野帳も途中で諦めた。
回転を上げて達成感を高めるというのは理解できる
のだけれども、メモ魔には足りない。
ただそれだけ。
ぼくのノートは80枚「から」です。

それはさておき。

本文でさらっとしか触れていないから、
書く人には当たり前だけど、初心者が
見落とすかな、と思ったのは
「日付」と「タイトル」

すべての例の写真で徹底されているのだけれど
けっこーさらっと流された印象がある。
タイトル、必要か? と思う人も多いかもしれんけど
あとから読み返す時に、絶対便利。
ノンブルとインデックスを徹底してもよいのだけれど
そんな手間かけてらんねえと言う人が大半だと
思うので、あとからでもいいから、
そのページの内容で、必要なところは
ページの右上なりなんなりに
目立つようように書いとくと良い。
そうでなければ、キーワードに目立つように
しるしを打っておく。

ノートのメモを「かつてのメモ」から
「以前得た情報」に変えるために、必要な儀式。

毎年300枚くらいのノートと、800枚分くらいの手帳と
1000枚分くらいのコピー用紙を氾濫させてる、
新刊のノート術は周回遅れでも概ね眺めてる人が
30年くらいかけてたどり着いたことなので、
試してみても、そんなに損はないと思ってはいる。

20200430
20200503
posted by まきむら at 10:23| Comment(0) | メモ

2020年05月02日

ドラえもん のび太の海底鬼岩城

https://amzn.to/2zntcwn

バギーちゃんに号泣したと書いたら賛同者がいた。
わかる人にはわかる。もうね、ダメです。

この頃にはまだ、唯一の人のために命をかける、
という行為が、子ども向けアニメでも描かれてた。
描けなくなったきっかけの作品も
大はまりしてたので、複雑な気持ちにも
なるんだけども。

何度でも泣く。
いつ見ても泣く。
今でも泣く。

ひとりだけ自分を信じてくれた
初恋の人のために、命をかけてしまった
バギーちゃん。
ちょっと足りない合理主義だったけれども
そのちょっと足りない合理主義が
導いてしまった結末。
自分自身が機械という事実を受け入れた上で
人命を優先した事実は、大人になっても
やっぱり切ない。

むかしむかし見た、子どものための作品は
大人になっても響くところはおおむね響く。
子ども向けだからと手を抜くなとは
あらゆるところで言われているけれども
こうして古い作品を見返していると
本当にその通りだと痛感する。

20200422
20200430
posted by まきむら at 11:31| Comment(0) | メモ

2020年05月01日

AKIRA

https://amzn.to/2xz290E

4Kリマスターがでた記念に、
劇場公開をしているときいて、見る予定を
立てていたら、緊急事態宣言が出ましてね…
いくつかの有料会員サービスが
記念配信始めてたので、腹いせに見ました。

小学生の頃、クラスメイトに連れられて
公開初日に並んで初回から見た思い出。

いろいろ知恵がついて来るともう、
最初から最後まで

信じられるか、
これ、全部、
手書きのセルなんだぜ…



CGじゃないんだよ!!!!!
走るバイクも、ヘリも、手書きなんだよ!!!!!

線の数が増えたのだのなんだとの
目にするようにもなりましたが
この圧倒的画圧を前にすると

すみません

としか言いようがない。

ストーリーはもうたいがい覚えていて
何度でも同じ所で感動するし
同じ所で目を見張るし、
同じ所で切なくなるし、
同じ所で考え込むのだけれど

誰かと語り合うというよりは
過去の自分とじっと対話するために
あるような映画になってました。

20200420
20200501
posted by まきむら at 16:58| Comment(0) | メモ

2020年04月25日

ドラえもん のび太の大魔境

https://amzn.to/2RW6pOu

先日ついったで見るまで、
ヘビースモーカーズフォレストが
実在すると信じてた人は正直に挙手。
出木杉くんの、絶対感がすごい。

なんだかんだで出木杉くん、この手の話に
なると救世主のように知識を授けてくれる。

この歳で見ると、ペコきみ、地味にひどい。
しっかり先導してるのも、今ごろ気づく。

長いこと見てしまっているので
「いやいや、もっと便利なものあるだろ」
とか思うし、まだショックガンの担当が
のび太じゃないんだよね。
グルメテーブルかけは魔界大冒険からと、
ついったで教えていただきました。
言われてみれば。

タイムパラドックスを覚えたのもドラえもん。
小さな頃からずっと
「ではその知識を一番最初に知ったのは誰?」
という問題を抱えたまま大人になり
大人になってもそのままになる
ドラえもんマジック(笑)
藤本先生(藤子・F・不二雄先生の本名は
藤本弘先生とおっしゃる)ならではの
SFはサイエンスファンタジーでなくて
「少し不思議くらいがちょうどいい」
案配。
小さな命がけの約束が守られた後には、
きっと静ちゃんはおだやかにお風呂に入ったに
違いない。
そんな気持ちに変わらずなった、
あっという間の冒険者譚。

この時思い知った自然の中の無力が、
だんだん経験値になっていくのは頼もしい限り。
けれども、頼もしいのが当たり前になった頃
ぼくらはたぶん、何かを失った歳になっていた、
と、そんなことも思い出した。

この映画、まだ、静ちゃんが
のび太くん呼びなのよな…

20200422
20200425
posted by まきむら at 17:15| Comment(0) | メモ

2020年04月22日

時事ネタ

10万もらったら買うものリスト
もしくはほしいものリスト
つまり全然足りないので、返還とか受取拒否と考えてるひとは
ここへ全部ぶっこんで送ってくれ
待ってる
https://amzn.to/3awcTtU

プラチナ キュリダス極細
https://amzn.to/2KubRUx

B-taoのルーズリーフ各種
https://amzn.to/2RZgyKj

かとうひろし先生のマンガのマンガシリーズ
https://amzn.to/2yuHs66

図説 メイドインアビス 探窟記録
https://amzn.to/2wYKnDF

メイドインアビスサウンドトラック2
https://amzn.to/2KnFebp

メイドインアビス総集編 前後編
https://amzn.to/2RWnp7q
https://amzn.to/2VrPmpJ

百姓貴族
https://amzn.to/2VTHpJ8

ハクメイとミコチ箱上下
https://amzn.to/3cuSMhc
https://amzn.to/2zm7dWz

ほか、まだ買ってない単行本
超電磁砲 去年の新刊から
https://amzn.to/2xRHTqS

ちはやふるの36以降
https://amzn.to/2xRHTqS

ペリリュー 楽園のゲルニカの続き
https://amzn.to/3asbO6r

新米姉妹のふたりごはんつづき
https://amzn.to/3buqH9w

ひだまりスケッチ10
https://amzn.to/2KoY8yu

ド嬢の新刊(Kindleはよ
https://amzn.to/2Vt4nYm

アルスラーン戦記つづき
https://amzn.to/3anoLyk

郷さんのキノの旅つづき
https://amzn.to/2yCBTlO

シオノさんのキノの旅つづき
https://amzn.to/2VNxvbN

とんがり帽子のアトリエつづき
https://amzn.to/2Y22ROq

まだあるけど、ひとまず備忘録兼ねて
オタクはこういうときに金を天下に遊ばせるイキモノじゃよ
posted by まきむら at 13:46| Comment(0) | メモ

2020年04月20日

ウルトラ兄弟物語

https://amzn.to/2XLUqa8

スキマの読み放題で
https://www.sukima.me/book/title/BT0000610611/

以前、設定が特殊すぎて推しへの
思い入れによってはつらい、という
感想を見かけていたのだけれど、
なるほどなとなった。
連載が1979年からということで、
放送中だったウルトマン80が
メインの回が長い。
小学1年生で連載してた80まで
収録されてて、自分にとっては
瓢箪から駒。
やっぱり短期連載であった。

物心ついた最初のウルトマンが80なので
個人的には嬉しいけれども、
それ以外のウルト兄弟ファンの人は
複雑な気持ちになるんじゃなかろうか。

とてもとても昭和では当たり前だった
価値観で、今受け入れられたり、理解されたり
するんだろうかとは思うたけれども、
ウルトマンに心動かされて旧作をたどっていった
人たちには読んでいただきたい作品でありました。

これ、コロコロで連載してたんだぜ…。

20200419
20200420
posted by まきむら at 20:06| Comment(0) | メモ

2020年04月19日

銭ゲバ

https://amzn.to/2KeOvlM

ジョージ秋山先生のマンガを最初に読んだのは、
小学生の頃に、週刊ジャンプでやっていた
ゴンズイ(https://amzn.to/2VeflRi)だったという
おぼろげな記憶。
その後、浮浪雲(https://amzn.to/2KbmXxL)
コンビニ版を何冊か買ったくらい。
集めるには膨大すぎるし、読みこなすだけの
度量もなかった。
今でもある気はしないけど、なんとか読める
ようになったと思う。

子どもの頃に読んでおいた方がいい気はする。
平成になっても、人間のろくでもない部分は
変わらない。
秋山先生の作品は、人間のろくでもない部分を
知るのいい教材だとどれを読んでも思う。
貧乏のなかに描かれる幸福なんて
後世の人間の都合のいい幻想だということを
叩き込んでくれる話しかしらない。

秋山先生の描く主人公の貧困や、
見た目へのコンプレックス、
周囲からの扱いは、とてつもなく根深い。
そうせざるを得なかったんだ、と
弁護するわけでもなく、
そうせざるを得ない人たちもいたのだと
いう事実を、創作に乗せて教えてくれる。
一体どんな人生歩んできたんだと
壮絶な想像しちゃったりもするのだけれど、
どこにでもあった話だったんだろうなと
思い直したりもする。

自分の生まれる頃にはまた目の届くところに
ゴロゴロしていた話が、隠されるようになって
久しい。
貧困はいつでも横にあって、生まれた時の
運だけで、あらゆることが確定していることが
大きい。

主人公は最終章で大学氏に「若い」と評される。
安く済んだと片付けられる。
大学氏が読んでた本が聖書なのも興味深い。
ろくでなしと自覚し自称する人が、
聖書から何を読み取ったのか。
教養があるつもりの人々を手玉に取る方法か。

金で得られなかったものに気付いたときの
主人公の選択が悲しい。
自分が正しくあり続けるためには、
それしか選べなかったことが悲しい。
10代で読んでいたら、当然の結果だったと
思ったかもしれない。
30代だったら、身近な誰かを投影したかも
しれない。
今でよかった。

幸運に恵まれた人こそ、読んだ方がいい。
自分の幸運への感謝と、不運に選ばれた人たちへの
態度を考え直すきっかけになればいい。

20200417
20200419
20200420
posted by まきむら at 08:11| Comment(0) | メモ

2020年02月19日

大人のための読書の全技術

https://amzn.to/2HmDgX9

以下、読書メーターに投稿したものに
改行を加えた。
どうにも我慢がならんかったことだけ
伝われ。

ここから----

出版社が定めたコピー回数上限が30回。
この厚さで30行しかライン引いてもらえないような
薄っぺらい内容の本を出版してみえるんですか?
て気持ちになったので、書き留めておく。

一時流行った○○大全ではなく、齋藤さんの全技術。
過去の著作を全部さらっている人には見覚えのある
ネタの方が多いはず。
「肝の部分を書きはじめるのは三、四章からで、
 自分がいちばん言いたい結論は最後の終章に
 まとめるのが一般的」(改行はぼく)
の本文のとおり、1、2章はほとんど読み飛ばした。
本から得た知識の使い方が
よくあるブログじゃないのは好感。
書き手の年齢か。

ここまで----

350ページある本の2割と言っても70ページは
あるのだから、70回は許可しとけよと
本文準拠で考えた。

齋藤孝さんは対象年齢によって文体が
たいへん横柄で、これくらいの対象年齢の方が
読みやすいんじゃないだろうか。
教えてやるオジサンはウザイだけだよ、
が本文に滲まずにあからさまに現れる人という
印象が強い。

そんな個人的な印象はさておき、
○○大全的な内容を期待して読むと
割と裏切られる。
あくまで、齋藤孝氏の知る限りの技術であり
世界的に読書技術を網羅した本ではない。

だいたいの読書術は、精読と速読を
切り分けているように、この本でも
精読と速読を分けている。
速読については本を読む本に20ページくらいで
まとまっていることが、まるで
新発見のように200ページで何度も語られている
現代に、読み尽くすのを目標にしてるかのような
勢いで速読本を読んでいて、齋藤孝さんの著作を
何冊か読んだことのある人には、目新しい情報は
そうなかったんじゃなかろうか。
片手で足りるほどしか読んだことがない
自分がそう感じたので、信者の方のご意見も
見てみたいところ。

引用ができるようになるには教養が必要と、
情報の取捨選択ができるようになるには
前提とした知識を持っていなければ
ならないということをきちんと語っていたことと、
世の速読本がアウトプットとしてブログを安易に
勧めているなかで、日常の行動に反映することを
始終訴えていたことには好感を持った。

まともなこと言ってるって思ってんのに
器が残念なんだよな、と毎度残念な気持ちに
なるのだけれど。
そんなこと知らん人には割と普通に勧められる
少し厚めの読書本。
ご本人が、著者の書きたいことは3章くらいから
なんなら結論から読んでもいい、という趣旨の
ことを本文で書いて見えるので、
心置きなく3章から読み出して構わない本だと、
言い切っておく。

20200214
20200219
posted by まきむら at 09:44| Comment(0) | メモ

2020年02月14日

映像研には手を出すな!5巻

https://amzn.to/2OxoP6u

映像研は紙で読め。
今時のグレスケ漫画で電子書籍でも
安心して読めるんだが、
映像からマンガに来た人の画面構成が
好きな人は、ぜひ紙で読め。

視線の誘導が直感的で違和感がない。
好みの問題があるから問題にしないと
かわぐちかいじ先生がおっしゃったと
以前読んだ気はするけれども、
最近、世にあふれ始めた「絵が先にあって、
セリフの配置が結果的に不自然」な
マンガに対して、擬音やセリフさえ絵として
取り込んでしまう構成力を見習えと
心底思うものである。

百目鬼氏独壇場というか
人に見せるために会場を整えるという
イベントも含めた「発表」を視野に入れた
映像研の新しい動きは、今後の活動に
どんな展開を与えるのとても楽しみ。

20200207
posted by まきむら at 13:30| Comment(0) | メモ