2020年10月21日

伏 鉄砲娘の捕物帳

https://amzn.to/3d6Bqc9

ハマジ、ハマジかぁ…
みなさんお好きだよね、八犬伝

とか思ってたらそのままだった(´ω`)

浜路が信乃と仲良くなるのは
エロ本の方の八犬伝ではなかったかと
そんなことも思い出しつつ

そういえば結局、南総里見八犬伝って
八剣士が揃うと必ず飽きちゃって
まだ全然読み終わってないなとか
そういうことを思い出してました。
南総里見八犬伝の1冊にまとまってる
分厚い新書を頑張って読んでたころも
ありました。

職場の女子に勧められたのを思い出したので
かけてたんですが

確かに色がいい。

うん、センスええよね、姉さん。
すごく好きと熱弁してくれたので、
ふむ、なるほど、こういう趣向でござるか
みたいな観察が先に来てました。

いい感じに血が流れるのはいいですね(・∀・)

その前に見ていた日本のいちばん長い日も、
派手に血が飛ぶ作品だったので
やっぱり刀を振り回すならこうでねえと
という気持ちで見てました。

ストーリー的には別に不満はなく
メインキャラがそんなに不幸にならず
じいさんの恨みにつきあわされた孫も
大概迷惑だよとは思いつつも
そこまで難儀なことにならず
血がたくさん流れるけど痛々しい
リアルさもなくて
殺伐とした世界観ではあるものの、
安心して見られるエンターテインメント作品
としては、いいものだったと思います。
安心して人に勧められるタイプのお話でした。
ただし斬られれば死ぬし、撃たれれば死ぬ。

色がなぁ…きれいなんだけど、こう、
世界観的に
「ごめん、ぼくはもっと薄暗い感じが好きだ」
ってなってしまってだな…

でもストーリー的にはあれが正解なんだよなぁあああああ

とわりと「個人の好み」の部分に
葛藤が残る作品でした。

制作サイドとしてはこれが正解なんだろうけど、
ぼくの好みじゃなかったんだよなぁ…
あれだけ明るくしてしまうなら、もっとビビッドの方が
好きだと思ってしまったんだ…

あとは、うすっぺらくとられてしまいがちな
ジェンダーの問題ですね。
時代がそういう時代なのだと言えばそれまでなんですが
ファンタジーにぶっこむ必要があるのかといえば
どうだったのかなぁということを
割と早いタイミングで考えてしまう作品でした。

口うるさい年寄になってはいかんな、と
我に返る程度のひっかかりだったんですけどね。
この辺のこだわりが「うるせえ」と言われるくらいの
人の感想もちょっと見てみたい感じの作品でした。

201003
201021
posted by まきむら at 00:00| Comment(0) | メモ

パタリロ スターダスト計画

https://amzn.to/3jtaVzJ

作業中に邪魔にならなさそうな
なんかないかなって探してたら
子ども向けアニメに混ざってたんだけど
大丈夫なのか

久しぶりに見た
まさかの魔夜先生本人出演
45分とだいぶ軽口
お約束はだいたいほとんど抑えた
オールキャスト的いつもどおりの話

こういうのは子どものうちに
見ておくのがいいよね!(・∀・)

という話をあとで相方としました
わからないところを聞かれた
親御さんがどう説明したのかは
ちょいと気になりますわねw

201003
201021
posted by まきむら at 00:00| Comment(0) | メモ

2020年10月07日

吉田誠治作品集&パース徹底テクニック

https://amzn.to/30W6JCf

あっという間に重版がかかって、
ようやく補充されたのでぜひ。
何度も言うけど

実質半額

この値段なら、イラストページだけでいい。
それなのに、パースの基礎まで載ってる。
しかも

使えるパース

に特化されてる。
これが、とてもとてもとても重要。

背景を解説した本で
「なんなら描かなくていいんじゃない?」
って明言してる本は、これしか知らない。

職業背景、キャラありきの背景の描き方本なので、
マンガの背景としても考え方が十分活かせる。

絵に正解はない、ていうことにも
とにかく楽しく描くことが第一ですよ
ってことにも、いちいち共感しかなくて
カラーってあんまり描いてないけど
描いてみようか、なんなら背景描いてみようか
って気持ちにさせてくれる、大変大変

描き手にやさしい本。

人が見ないところは描きこまない方が視線は集まる
とか
キャラを立たせるために周辺の彩度をさげる
とか
描ける人には当たり前すぎるであろうことを
しれっと書いてるところも好き。

背景を描く上での「そうだったのかー!」が
ほとんど全部ぎゅっと詰まっているので、
これから描く人にも、
なんとなく苦手意識持ってる人にも
手にとってほしい本でした。

あと、吉田さんは、添削配信がいちいち
可愛いので、個人的におすすめです。

https://www.youtube.com/channel/UCsZd7WaHh2tMEO_-AsDv90A

ゾンビの夏休み、花札屋さんとかで
商品化されたら本体ごと買っちゃうだろうなぁって
くらい、今好きな作家さんです。

20200619
20200905
20201007
posted by まきむら at 23:09| Comment(0) | メモ

日本のいちばん長い日

日本のいちばん長い日
https://amzn.to/2Gvd4fV

1967年版。
いつか見ようは今日だった、な感じの初見。
長かった。
久しぶりの2時間半は長かった。
しかも1時間過ぎてからが本番とかひどい。
そのまま続けて平成版おすすめしてくる
アマプラの鬼畜。
とはいえ、平成版は見ていない。
こういうのは古い方を見るのがいいんですよ…

負ける戦は負けるべくして負けるというのを
体現する映画。
蹂躙されるくらいなら、最後に散らせるのが努め
とか勘違いをした人が一番上にいた不幸。
特攻隊の出撃のフィクションは指摘されてましたね。
半藤さんが当時どういう評価をしていたのかは
ちょっと気になるところです。

日本人には一神教向かないよねって言うのが
最初の感想。
盲信体質なのだから、神様はたくさんいたくらいが
ちょうどいいのだと思うのです。
ポツダム宣言受諾でもめてるときの精神論にも
たいがい頭を抱えるのだけれど
その後に宮内庁押し込む人たちがどの口で不敬罪とか
言っていたのかと。
あの頃の熱に浮かされた感じは海野十三の
敗戦日記(https://amzn.to/3d2uCMA)に
よく出てるので、読んだ当時も「そういうものか」
って感じだったんですが。
世間自体がそうなってたっていうのは、今、ちょうど、
朝ドラでやってますね…

ちょうど本で読んだばかりのコンコルドの誤謬って
これのことだなと思い出すとともに、
むしろ帝国陸軍の烈情とか呼んでた方が日本人に
この愚行の印象が強く残ったんじゃないかしらとか
いらんこと考えました。

その辺のチンピラの超理論みたいなことが
上層部で行われていた現実が、フィクション織り交ぜて
映画になっていたっていうのは、評価されていいと
思いました。
この頃は記録映像も豊富だし、近代建築もよく残っているし
目に楽しい映画ではありました。

201003
201007
posted by まきむら at 00:00| Comment(0) | メモ

三蔵法師・玄奘の旅路

https://amzn.to/3ndwerf

先日、空海(https://amzn.to/3ld7Fc6)と
禅(https://amzn.to/3cVJSLd)を
アマプラに勧められるまま見たせいか、
やたらとおすすめされてたので見ました。

レビューにやたらと「字幕が追いつけない」と
あったので「中国語が早口だからか…?」って
ちょっと警戒しながら見たのだけれど

全然そんなことなかった

仏教用語の四字熟語が立て続けに出てくる
シーンと、ラストシーンに字幕だけで
語られた、玄奘のその後の紹介の文字数が
多いだけだった

予備知識がないとつらい、ってのも
まぁそうなのかな、って気がしました。
すまない、もう、人が何がわからないのか
わからない。

天竺にたどり着いた玄奘を見たときに
空海の中国のシーンが蘇り
「距離はどうあれ、どちらにとっても
 同じ意味を持つことだったんだろうなぁ」
みたいなことを考えておりました。

三代目三蔵法師だそうで。
史実まったくわからんのだけど、
命をかけちゃう人がいたからこその
伝播なのだなということを
改めて感じました。

タイミングが良くて、二十年先の
皇帝が受け入れてくれたからよかったものの
タイミング合わなくて日本じゃえらいめにあった
方もみえたよーな覚えがあるので
歴史に名を残すには運も大きいよなとか
ひどいことも考えました。

201003
201007
posted by まきむら at 00:00| Comment(0) | メモ

2020年10月05日

フリーランス1年目で月収60万円達成するために実践したこと

https://amzn.to/3ddLoGT

無計画だめゼッタイ。

無計画に始めちゃったものは
どうしようもないんだけどw

なるほど、そういうところ
という感じで1年めの人には参考になりました。
とくに作品というものを持っているわけでも
無いんですが、身ひとつになった以上、
作品の更新って大事すよな…はい…

ポートフォリオを作るための
ポートフォリオが作れないので
過去作品をきちんと整理しようと
決めました。

人様の経験談は勉強になると
改めて感じた1年だったので
参考にさせていただきます。

【2020/10/05現在】
口だけだったわ…

20200619
20200905
20201005
posted by まきむら at 16:03| Comment(0) | メモ

2020年10月04日

休職中、家に引きこもりながらイラストで月8万円稼いだ方法: 神絵師じゃなくても意外となんとかなる

https://amzn.to/312Ck5r

なんやらぎょーさん溜まってたのでそろそろ放出。
またちまちま上げていきます。
まだ下書きも書いてないのもあるんだよなぁ…。

Kindle Unlimited もしくは本体500円。
まきむらさんも似たような経緯で
クラウドワークスでトータル10万くらい
稼いだので、大いに同感。
ぼくの場合はトータルでしかないし
じゃあ同じことやりますかといわれたら
今は断ります。

本文には最低1万とか書いてあるけど、
1枚単価3000円で計算しないとあとあと辛い。
ぶっちゃけ、1作品で5万は超えたい。
ないけど。
むしろ、1枚3000円でやらせろとごねたほうがいい。
なぜ言い切れるって10分程度のシナリオは
だいたい60コマ超えるから。
ぼくは、モノクロラフのネームだけやってました。

そこで「イラっ」とする反応が
返ってくるなら、本文に書いてあるとおり、
やめましょう。
自分の直感は信じましょう。
だいたい当たります。

それを、千円で、なんならフルカラーキャラデザ
つけて、カラーで全部仕上げて5千円とか
言い出す人がいる世界なので、ごねましょう。

ごねて嫌がるなら、そこは
「絵を知らないのにアニメ作ろうとしてる」
人たちです。
やめていいです。
小銭を稼ぐつもりで、負担を大きくしすぎるのなら
1枚の作業工賃を最低時給以上で見積もろう。
ぼくはクラウドワークスの単価は
経験したものとしてほぼカスだと思ってますが、
ポートフォリオを作るためのポートフォリオ
作るのがつらいなら、お金もらいながら
作れるだけ全然ましかもしれない。
けど、そういう気持ちで安い単価を
定着させてしまうのも問題だと思うので
やらない方がいい案件だという
気持ちもある。

ただこれ、絵を描くのに1枚1日かかる人には
まったくおすすめできないことも、
申し添えておきます。

20200619
20200905
20200907
20200909
20201003
posted by まきむら at 00:19| Comment(0) | メモ

2020年09月05日

副業でイラストを描いてストックイラストで収入を得る方法

https://amzn.to/2zKOCE5

シンプルに方法だけだった。
だったけれども、希望が持てる。

サイトが紹介されているので、
そこを見るだけでも十分100円かな。

こういう本は数撃って自分の
きっかけを得ればもうけものなので
手取り足取りじゃなくても
怒っちゃダメだし、そこで
怒り出すならたぶん向いてない。

20200619
20200905
posted by まきむら at 00:00| Comment(0) | メモ

2020年09月03日

神絵師JKとOL腐女子 1

https://amzn.to/32eyR2y

ネットで話題になってたあれ、
コミックもう2巻まで出てるんだなー
と言われて慌てて読みに行った。

同じこと、やりまし、た、ね…
相方は、好きな作品の二次創作の作家さんです(´ω`)
性癖が一致するので、大変楽です。
オタク同士がつきあうには、変態の方向性の理解は
絶対に必要だと思います、マジで。

わかりみしかない。
ついでにうらやましい。
仕事もハイスペックとか完璧だろ。
チクショウ、稼いで食わせたい。

みたいな感じで。
読んでるといろいろつらい。
自分がふがいなくて。

在宅で食えるようになるしか。

20200822
20200903
posted by まきむら at 00:00| Comment(0) | メモ

どろろ 1

https://amzn.to/31kQf6t

コミックの方。
たぶん初見。
読んでたとしても覚えてなかった。
平成版アニメは半分で挫折中。
百鬼丸が、平成アニメより普通に動く。
人形師のオジサンも、わりとさらっとした
イメージ。

親の鬼畜もあるけれど、
世の中の殺伐がつらい。
生きるってなんだろうなあということを
冷淡につきつけてくる。

死体が真横にある生活が、ひとときでも
身近にあった人だということを思うと
死が真横にある時代を描く自然さに
納得もできる。
今の作家に感情を除いて描くことのできない
日常の凄まじさは、この時代ならではという
気もした。

室町までの日本の庶民の殺伐さ加減を
ほかの所で目にしてみたら、
まだ現代のオブラートがかかってるだけ
マシだったのねという気持ちになりました。
一部地域は昭和初期でも今でもこんなんよねー
ということを考えなかった訳ではない。

20200822
20200903
posted by まきむら at 00:00| Comment(0) | メモ