2021年12月29日

バーナード嬢曰く。【友情篇】

https://amzn.to/3sET40d

友情篇とわざわざ付けてるの好き。
とある層にひとこと申したいのかと考えてしまう念の押しよう。
好きな話はもっとあるんだけども、友情ものとして読むならこの辺が入門編かなみたいなところは概ね押さえられている、いい仕事。
好き。

無料。
ド嬢は引用されたりネタになったりしている本が、途中からSFに限らなくなってくるのも、楽しい。
SF好きな人は、いろいろ神林と語りたいこともあろうかと考えてしまうし、買ってみようかと思うてしまうし、外国文学棚へ行くのが楽しくなる漫画。
好き。(三度目

趣味が偏りすぎて友人が少なかった子が、自分の沼を理解して少し近づいてくる様に共感できる人は読むといい。
余計なこと考えず、読書好き同士の交流をまず楽しんでほしい。
余計なこと考えるのは、あとでいい。
posted by まきむら at 11:36| メモ

2021年12月28日

テンペスト

https://amzn.to/3pxg4fw

リンクはKindle1巻

アプリで完走
生真面目すぎた悲しい選択には胸が痛んだけれども、その選択こその結末だったわけで。
スケールの大きさ的には理解はするけれど、やはり悲しい選択だった、自分には。

よかったねえという想いも、そうしてしまうよなあという想いも両方あって、それでもその後を描いてしまったらまた大河になってしまうのも理解した上で、しかし、もう少しだけ見たかったと感じる部分もあり。
この引きずる感じまで計算されていたら、まんまとやられてるなあと考える終わり方だった。
posted by まきむら at 18:32| メモ

田舎に帰るとやけになついた褐色ポニテショタがいる



リンクは一巻


3巻以降が止まってたのでまとめ買い。

好意が憧憬なのか恋愛なのかわからない年ごろの好奇心な終わり方に悶えた。

わかってしまってる人の苦悩と、わかんないままの悩みのどっちも可愛い。

単純な好奇心の破壊力よ…


いろいろかなった形で夏休み終了。

冬休みが楽しみですね!
posted by まきむら at 18:08| メモ

とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ

https://amzn.to/3sE1J2V

リンクは1巻
インディアンポーカー、なーんか有耶無耶で終わったな…? とか思うてたらこっちで完結しとったんかーい
才人工房の顛末も、ちゃんと回収されておったわ…

伏線がよそで回収されるのいつものことなので、腹を立てることはないんだけども、まだやっとんたんかいという気持ち
平成初期の金に任せたクロスオーバー、そろそろ限界なのではと思うこともあるんだけど、これが基本形だから仕方ないね

帆風さん、意外に名前が普通だった…
3巻表紙の軍覇にどこから君が出てくるのかまるでわからんじゃがと思うてたらそういうことか
アニメ3期がなんか途中で止まってて、メディアミックスでもあったのかとあとから気づいたりもしたんですが

相変わらず、学園都市が下衆くていいですね!!

て感じでした
白井さん好きなら買ってよし、かな
posted by まきむら at 17:25| メモ

2021年12月21日

任侠転生 7

https://amzn.to/3sl3fHd

前回の引きを受けて、腕力を奪われたヤクザの交渉術回。
ハッタリと腹の読み合い。

読者の感情の代弁者ジョバンニが相変わらずポンコツ。
未文化圏の交渉ならヤクザ最強というか、そういう中で生き抜く時には、秩序の中で育てた地位や常識は無意味といういい象徴。
ニュイの危機、龍さんの無力化、立ちはだかる政治の笠を着た巨大実験場。
長い時間をかけて腐りきってしまった裏社会で、一匹狼のヤクザが度胸と腕力と人情で地道にトップに昇ってゆく。
そういうのお好きな方はぜひ。
posted by まきむら at 09:46| メモ